>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   絶句二首 其二(杜甫)

絶句二首 其二(杜甫)

絶句二首 其二
ぜっしゅ
杜甫とほ
  • 〔出典〕 『唐詩選』巻六、『宋本杜工部集』巻十三、『杜詩詳注』巻十三、『全唐詩』巻二百二十八、他
  • 五言絶句。然・年(平声先韻)。
  • ウィキソース「全唐詩/卷228」参照。
  • 絶句 … 広徳二(764)年、杜甫五十三歳、成都での作。ここでは漢詩の形式の名をそのまま詩題にしている。杜甫には「絶句」と題する作品が多数ある。
  • 絶句二首 其二 … この詩は『唐詩選』では単に「絶句」と題するが、『宋本杜工部集』『杜詩詳注』『全唐詩』等、ほとんどのテキストで「絶句二首 其二」に作るので改めた。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
江碧鳥逾白
こうみどりにして とり逾〻いよいよしろ
  • 江 … 揚子江の支流、錦江。
  • 碧 … 深緑色。
  • 逾 … 「愈」と同じ。ますます。いっそう。
山青花欲然
やまあおくして はなえんとほっ
  • 然 … 「燃」と同じ。燃えるように赤い。『全唐詩』等では「燃」に作る。
  • 欲 … 「(んと)ほっす」と読み、「今にも~しようとする」と訳す。「~したいと思う」の意ではない。
今春看又過
こんしゅん看〻みすみす
  • 看 … みるみるうちに。旧訓では「みすみす」、新訓では「のあたり」と読む。なお、ここでの「みすみす」には「悪い状況と知っていながら、それにふさわしい対応をしないさま」というような今日的意味合いはない。
  • 又 … ことしの春もまた。
  • 過 … 過ぎ去る。
何日是歸年
いづれのか ねん
  • 何日 … いつになったら。
  • 帰年 … 故郷に帰れる年。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行