>   漢詩   >   歴代詩選:盛唐   >   絶句四首 其三(杜甫)

絶句四首 其三(杜甫)

絶句四首 其三
ぜっしゅ さん
杜甫とほ
  • 〔出典〕 『宋本杜工部集』巻十三、『杜詩詳注』巻十三、『全唐詩』巻二百二十八、他
  • 七言絶句。天・船(平声先韻)。
  • ウィキソース「全唐詩/卷228」参照。
  • 絶句 … 広徳二(764)年、杜甫五十三歳、成都での作。ここでは漢詩の形式の名をそのまま詩題にしている。この詩の前半と後半がきれいな対句となっているので、一説には律詩の二聯として作られたものではないかと言われている。楊慎ようしん『升庵詩話』巻11に、「絶句四句皆對。杜工部『兩個黄鸝』一首是也。然不相連屬。即是律中四句也」とある。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
兩箇黄鸝鳴翠柳
りょうこう すいりゅう
  • 両箇 … 二つ。二羽。
  • 黄鸝 … 朝鮮うぐいす。高麗うぐいす。日本のより大きい。
  • 翠柳 … みどりの柳。
一行白鷺上青天
一行いっこうはく 青天せいてんのぼ
  • 一行 … 一列。
  • 白鷺 … しらさぎ。
窗含西嶺千秋雪
まどにはふくむ 西嶺せいれい せんしゅうゆき
  • 窓含 … 窓わくの中に絵をはめ込んだように、はっきりと見えることの表現。
  • 西嶺 … 西方の山々。
  • 千秋雪 … 万年雪。『宋本杜工部集』には「西山白雪、四時不消」とある。『全唐詩』にも「原注」と表記して同じ注がある。
門泊東呉萬里船
もんにははくす とう ばんふね
  • 門 … 杜甫の草堂の門前。
  • 東呉 … 東方の呉の地方。現在の江蘇省南部。
  • 万里船 … 万里も離れた呉の地の船。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行