>   漢詩   >   歴代詩選:盛唐   >   江南逢李亀年(杜甫)

江南逢李亀年(杜甫)

江南逢李龜年
江南こうなんにてねんう)
杜甫とほ
  • 〔出典〕 『唐詩三百首』七言絶句、『全唐詩』巻二百三十二、他
  • 七言絶句。聞・君(平声文韻)。
  • ウィキソース「江南逢李龜年」参照。
  • 江南 … 本来は長江の南のことをいうが、ここでは洞庭湖の南の地方を指す。
  • 李亀年 … 玄宗に寵愛された当時有名な男性歌手。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
岐王宅裏尋常見
岐王きおう宅裏たくり 尋常じんじょう
  • 岐王 … 玄宗の弟、李範。岐は漢音キ、呉音ギ。『全唐詩』には「岐王」の下に「範」の注がある。
  • 宅裏 … 屋敷内。
  • 尋常 … たびたび。しょっちゅう。
崔九堂前幾度聞
崔九さいきゅう堂前どうぜん 幾度いくたび
  • 崔九 … 崔滌さいできという貴族。玄宗に寵愛された。九は排行。『全唐詩』には「原注。殿中監崔滌。中書令しょく之弟」とある。
  • 堂前 … 屋敷の前。
  • 幾度 … 何度も。
  • 聞 … 李亀年の歌を聴いた。
正是江南好風景
まされ 江南こうなん好風景こうふうけい
  • 正是 … ちょうど今~である。吉川幸次郎は「あたかもこれ、げにもこれ、の意であって、目の前にあるものの実体を見きわめ、見さだめようとする時に、下される言葉である」と言っている。(『新唐詩選』岩波新書)
  • 是 … 『全唐詩』には「一作値」とある。
  • 風景 … 風と日の光。吉川幸次郎は「風景という二字は、必ずしも今のわれわれの用法と同じでない。けいの字は日の光を意味する」と言っている。(『新唐詩選』岩波新書)
落花時節又逢君
らっ時節じせつ またきみ
  • 落花時節 … 晩春を示す。
  • 又 … 再び。
  • 君 … 李亀年を指す。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行