>   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   復愁(杜甫)

復愁(杜甫)

復愁うれう)
杜甫とほ     
  • 五言絶句。何・多(平声歌韻)。
  • 『全唐詩』巻230所収。
  • 復愁 … ふたたびうれえる。『全唐詩』等では「復愁十二首 其三」に作る。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
萬國尚戎馬
万国ばんこく じゅう
  • 万国 … すべての国々で。天下いたるところ。
  • 尚 … 今なお。
  • 戎馬 … 戦乱。戦争。「戎」は武器、「戎馬」は軍馬の意から。『全唐詩』等では「防寇」に作る。
故園今若何
えん いま 若何いかん
  • 故園 … 故郷。洛陽の旧居を指す。
  • 若何 … どうなっているだろうか。「如何」「云何」「何如」「何奈」「何若」等と同じ。
昔歸相識少
むかしかえりしとき 相識そうしきまれ
  • 昔帰 … 乾元けんげん元年(758)の頃、作者は洛陽の旧居に帰ったことがある。
  • 相識 … 顔見知りの人。
  • 少 … ほとんどない。
早已戰場多
はやすで戦場せんじょうおおかりき
  • 早已 … その時すでに。「蚤已」に作るテキストもある。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行