>   漢詩   >   歴代詩選:盛唐   >   絶句二首 其一(杜甫)

絶句二首 其一(杜甫)

絶句二首 其一
ぜっしゅ いち
杜甫とほ
  • 〔テキスト〕 『宋本杜工部集』巻十三、『杜詩詳注』巻十三、『全唐詩』巻二百二十八、他
  • 五言絶句。香・鴦(平声陽韻)。
  • ウィキソース「全唐詩/卷228」参照。
  • 絶句 … 広徳二年(764)、杜甫五十三歳、成都での作。ここでは漢詩の形式の名をそのまま詩題にしている。二首連作の第一首目。なお、杜甫には「絶句」と題する作品が多数ある。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。じょうよう(湖北省)の人。あざな子美しび。祖父は初唐の詩人、杜審言。若い頃、科挙を受験したが及第できず、各地を放浪して李白らと親交を結んだ。安史の乱では賊軍に捕らえられたが、やがて脱出し、新帝しゅくそうのもとで左拾遺に任じられた。その翌年左遷されたため官を捨てた。四十八歳の時、成都(四川省成都市)の近くのかんけいに草堂を建てて四年ほど過ごしたが、再び各地を転々とし一生を終えた。中国最高の詩人として「詩聖」と呼ばれ、李白とともに「李杜りと」と並称される。『杜工部集』がある。ウィキペディア【杜甫】参照。
遲日江山麗
じつ 江山こうざんうるわしく
  • 遅日 … 春の日。春は日が長く、なかなか日が暮れないのでこのようにいう。
  • 江山 … 川と山。「江」は杜甫草堂のすぐ近くを流れる浣花渓(錦江の支流)を指す。ウィキペディア【杜甫草堂博物館】参照。
  • 麗 … うるわしい。
春風花草香
しゅんぷう そうかんば
  • 花草 … 花と草。
泥融飛燕子
どろけて えん
  • 泥融 … 凍りついていた泥が春の日差しで融ける。
  • 燕子 … つばめ。「子」は接尾辞。比較的小さいものに付ける言葉。
  • 燕 … 『宋本杜工部集』では「鷰」に作る。同義。
沙暖睡鴛鴦
すなあたたかにして鴛鴦えんおうねむ
  • 沙 … 川辺の砂。
  • 鴛鴦 … オシドリ。「鴛」はオシドリの雄、「鴦」は雌。つがいの仲が睦まじく、いつも一緒にいるとされる。
  • 睡 … 眠る。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行