>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   酌酒与裴迪(王維)

酌酒与裴迪(王維)

酌酒與裴迪
さけんで裴迪はいてきあたう)
王維おうい     
  • 七言律詩。瀾・冠・寒・餐(平声寒韻)。
  • 裴迪 … 王維の詩友。この詩は役人として不遇だった裴迪を慰めるため、王維が即興で作ったものである。
  • 王維 … 699?~761。盛唐の詩人。太原(山西省)の人。あざなきつ。ウィキペディア【王維】参照。
酌酒與君君自寬
さけんできみあたう きみみずかゆるうせよ
  • 寬 … 気分をゆったりとさせる。
人情翻覆似波瀾
人情にんじょう翻覆はんぷく 波瀾はらんたり
  • 翻覆 … 変わりやすいこと。
  • 波瀾 … 波。
白首相知猶按劍
白首はくしゅ相知そうちけんあん
  • 白首 … しらがあたま。
  • 相知 … 友人。
  • 按剣 … 刀のつかに手をかけてかまえる。
朱門先達笑彈冠
朱門しゅもん先達せんだつ弾冠だんかんわら
  • 朱門 … 朱塗りの門。
  • 先達 … 先に栄達した人。
  • 弾冠 … 冠のほこりをはらって仕官の準備をすること。
草色全經細雨濕
草色そうしょくまった細雨さいう湿うるお
  • 草色 … 若草の色。つまらぬ人間・小人しょうじんにたとえる。
  • 經 … 『全唐詩』には「一作輕」との注がある。
  • 細雨 … きりさめ。春雨。
花枝欲動春風寒
花枝かしうごかんとほっして春風しゅんぷうさむ
  • 花枝 … 花の枝。君子にたとえる。ここではとくに不遇な裴迪をさす。
  • 欲動 … 花のつぼみが開こうとする。
世事浮雲何足問
世事せいじ浮雲ふうん なんうにらん
  • 世事 … 世の中のこと。
  • 浮雲 … はかないことのたとえ。
  • 何足問 … とやかく問題にするほどのこともない。
不如高臥且加餐
かず 高臥こうがしてさんくわえんには
  • 不如 … 「~にしかず」と読み、「~には及ばない」「~の方がよい」と訳す。
  • 高臥 … 世を避けて悠々と暮らす。
  • 且 … ひとまず。
  • 加餐 … 食事をたくさん食べる。「健康に気をつけなさい」というような意味に使用される言葉。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行