>   漢詩   >   歴代詩選:後漢   >   行行重行行(古詩十九首 其一)

行行重行行(古詩十九首 其一)

行行重行行
きてかさねてく)
古詩こし十九じゅうきゅうしゅ いち     
  • 〔出典〕 『文選』巻二十九、『先秦漢魏晋南北朝詩』漢詩巻十二、『古詩源』巻四 漢詩、『古詩賞析』巻四 漢詩、『玉台新詠』巻一 雑詩九首、他
  • 五言古詩。離・涯・知・枝(平声支韻)/緩(上声旱韻)・返・晩・飯(上声阮韻)通押。換韻。
  • ウィキソース「行行重行行」参照。
  • この詩は、遠い旅に出ている夫を慕う妻の気持ちを詠んだもの。
  • 古詩十九首 … 『文選』巻二十九、雑詩の中に作者不詳として収められている五言古詩十九首のこと。前漢から後漢にかけて作られた作品。ウィキペディア【古詩十九首】参照。
行行重行行
きてかさねて
  • 行行重行行 … どんどんと遠くへ行ってしまう。今日も明日も旅を続けている。「行行」は「行く」という動作が何度も繰り返されることを示す。訓読は「ゆきゆきて」「ゆきゆき」のどちらでもよい。
與君生別離
きみきながらべつ
  • 君 … あなた。夫を指す。
  • 與(与) … 「と」と読み、「~と」と訳す。
  • 生別離 … 生きたままはなばなれになってしまう。生き別れ。
相去萬餘里
あいることばん余里より
  • 相 … お互いに。
  • 去 … 離れる。
  • 万余里 … 一万里以上。距離がたいへん遠いことを表す。「余」は、ある数を上まわる部分。
各在天一涯
各〻おのおのてん一涯いちがい
  • 各 … それぞれ。
  • 天一涯 … 天の一方の端と、もう一方の端。遠く離れていることを表す。
  • 在 … 暮らしている。身をおいている。
道路阻且長
どう にしてなが
  • 道路 … 二人の間にある道。
  • 阻 … 険しい。
  • 且 … 「かつ」と読み、「その上に」と訳す。
會面安可知
会面かいめん いずくんぞけん
  • 会面 … 顔を合わせること。「面」は顔。
  • 安 … 「いずくんぞ~ん(や)」と読み、「どうして~(する)のか、いや~ない」と訳す。反語の意を示す。
  • 安可知 … どうして知ることができようか、いやできない。
胡馬依北風
胡馬こば北風ほくふう
  • 胡馬依北風 … 北方のえびすの地から来た馬は、故郷を懐かしんで北風に身を寄せる。「胡馬」は北方の胡国に産した馬。「依」は身を寄せる。もたれる。
  • 依 … 『玉台新詠』では「いななく」(嘶)に作る。
越鳥巢南枝
越鳥えっちょうなんくう
  • 越鳥巣南枝 … 南方の越の国から来た鳥は、故郷を懐かしがり、南側へ伸びた枝に巣を作る。「越」は今の浙江省の辺り。この句は前句と対句になっている。当時のことわざで、故郷が忘れがたく、懐かしむことの喩え。
相去日已遠
あいることすでとお
  • 日 … 「ひびに」と読んでもよい。一日一日。日ごとに。日増しに。
  • 已 … ずいぶん。はなはだ。あまりにも。非常に。
衣帶日已緩
たい すでゆる
  • 衣帯日已緩 … 心配や悲しみのあまり、やせ細って着物の帯が緩くなってしまう。「衣帯」は着物の帯。
浮雲蔽白日
うん 白日はくじつおお
  • 浮雲蔽白日 … 空に浮かぶ雲が太陽の光を覆い隠しているように、二人の間が隔てられたこと。「白日」は夫の喩え。「浮雲」は、よその女性など、夫の心を惑わすもの。
遊子不顧返
ゆう へんせず
  • 遊子 … 旅人。夫を指す。
  • 不顧返 … (私のことを)振り返ってくれない。なお、「帰ろうともしない」と解釈する説もある。
思君令人老
きみおもえばひとをしていしむ
  • 思君 … あなたのことを思うと。
  • 令人老 … 私を老けこませる。「人」は作者である妻を指す。
  • 令 … 「令AB」の形で「AをしてB(せ)しむ」と読み、「AにBさせる」と訳す。使役を表す。「使・遣・教」と同じ。
歲月忽已晚
歳月さいげつ たちますでれぬ
  • 忽 … あっという間に。知らぬ間に。
  • 晩 … 過ぎ去ってゆく。
棄捐勿復道
えんせらるるもからん
  • 棄捐 … あなたに見捨てられたとしても。文脈から「らるる」と受け身に読む。
  • 勿復道 … もう二度と愚痴を言うのはよしましょう。もうこれ以上恨み言を言うのはやめましょう。「道」は、言う。「勿復~」は「二度と~しない」と訳す。
努力加餐飯
りょくして餐飯さんぱんくわえよ
  • 努力 … つとめて。
  • 加餐飯 … 食事をとってください。食事に気をつけてください。健康に気をつけてください。お体を大切にしてください。当時の挨拶言葉。「餐飯」は食事。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行