>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   和太常韋主簿五郎温泉寓目(王維)

和太常韋主簿五郎温泉寓目(王維)

和太常韋主簿五郎温泉寓目
太常たいじょう主簿しゅぼ五郎ごろうの「温泉おんせん寓目ぐうもく」にす)
王維おうい     
  • 七言律詩。開・來・囘・才(平声灰韻)。
  • 太常 … 官署の名。礼楽や祭事をつかさどった。
  • 韋 … 人物については不明。
  • 主簿 … 官名。記録や文書をつかさどった。
  • 五郎 … 排行が五番目。
  • 温泉 … 驪山りざんの温泉宮。玄宗のころ華清宮と改められた。
  • 寓目 … 目にふれた風景を詠じた。
  • 和太常韋主簿五郎温泉寓目 … 『全唐詩』では「和太常韋主簿五郎温湯寓目之作」に作る。
  • 王維 … 699?~761。盛唐の詩人。太原(山西省)の人。あざなきつ。ウィキペディア【王維】参照。
漢主離宮接露臺
漢主かんしゅ離宮りきゅう 露台ろだいせっ
  • 漢主 … 玄宗を指す。
  • 露台 … 漢の文帝が驪山りざんの頂上に建てようとした台。莫大な費用がかかるため実際には取り止めとなったが、ここでは建てられたものとして歌っている。
秦川一半夕陽開
秦川しんせん一半いっぱん 夕陽せきようひら
  • 秦川 … 長安一帯の平野を指す言葉。
  • 一半 … 半分。
青山盡是朱旗繞
青山せいざんことごと朱旗しゅきめぐ
  • 朱旗 … 天子の御旗。
碧澗翻從玉殿來
碧澗へきかんかえって玉殿ぎょくでんきた
  • 碧澗 … 青々とした水をたたえた谷川。
  • 翻 … 逆に。
  • 玉殿 … 美しい宮殿。
新豐樹裏行人度
新豊しんぽう樹裏じゅり 行人こうじんわた
  • 新豊 … 驪山りざんの北にある町。
  • 行人 … 旅人。
小苑城邊獵騎囘
小苑しょうえん城辺じょうへん 猟騎りょうきかえ
  • 小苑 … 天子の御苑の名。位置は不明。
  • 猟騎 … 騎馬で狩りをする人。
聞道甘泉能獻賦
聞道くならく 甘泉かんせんけんずと
  • 聞道 … 「きくならく」と読み、「聞くところによれば」「人の話によると」と訳す。「聞説」とも書く。
  • 甘泉 … 漢のようゆうが天子に献上した「甘泉の賦」を指す。ここでは韋主簿を揚雄になぞらえている。ウィキペディア【揚雄】参照。
懸知獨有子雲才
はるかにる ひと子雲しうんさいることを
  • 懸 … 遠くへだてていること。
  • 子雲 … 揚雄のあざな
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行