>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   勅賜百官桜桃(王維)

勅賜百官桜桃(王維)

勅賜百官櫻桃
ちょくして百官ひゃくかん桜桃おうとうたまう)
王維おうい     
  • 七言律詩。蘭・殘・盤・寒(平声寒韻)。
  • 賜 … 天子から下賜される。
  • 百官 … 多くのいろいろな役の役人。
  • 桜桃 … さくらんぼ。
  • 『全唐詩』では題下に「時為文部郎(時に文部郎たり)」との注がある。
  • 王維 … 699?~761。盛唐の詩人。太原(山西省)の人。あざなきつ。ウィキペディア【王維】参照。
芙蓉闕下會千官
芙蓉闕ふようけつ 千官せんかんかい
  • 芙蓉闕 … 天子の宮殿をさす。芙蓉(蓮の花)にたとえて言ったもの。「闕」は宮殿の門、または天子のいる所。
  • 千官 … おおぜいの役人。
紫禁朱櫻出上蘭
紫禁しきん朱桜しゅおう 上蘭じょうらん
  • 紫禁 … 天子の住む宮殿。天帝のいる所とされる紫微宮になぞらえている。
  • 朱桜 … さくらんぼ。桜桃。
  • 上蘭 … 上林苑の中にあった宮殿の名。上蘭観。ウィキペディア【上林苑】参照。
纔是寢園春薦後
はじめて寝園しんえん春薦しゅんせんのち
  • 纔 … ~したばかり。
  • 寝園 … 天子の霊をまつる所。寝廟。
  • 春薦 … 春のお供え。
非關御苑鳥銜殘
御苑ぎょえん鳥銜ちょうかんのこりにかかわるにあら
  • 非関 … ~とは関係がない。
  • 鳥銜 … 鳥がついばむ。
歸鞍競帶青絲籠
帰鞍きあんきそうてぶ 青糸せいしかご
  • 帰鞍 … 馬で帰る。
  • 青糸籠 … 青い糸をより合わせたひもをつけ、さげるようにした籠。
中使頻傾赤玉盤
中使ちゅうししきりにかたむく 赤玉せきぎょくばん
  • 中使 … 天子近習の使役人。多くは宦官。
  • 赤玉盤 … 赤玉で作った皿。桜桃を盛って出したので、月の光で赤一色に見えたという故事をふまえる。
飽食不須愁内熱
飽食ほうしょくするも内熱ないねつうれうるをもちいず
  • 飽食 … 食べ過ぎる。
  • 愁 … 『全唐詩』には「一作憂」との注がある。
  • 内熱 … 桜桃を食べ過ぎると発熱する。
大官還有蔗漿寒
大官たいかんには蔗漿しゃしょうかん
  • 大官 … 宮中の料理番。
  • 蔗漿 … 砂糖水。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行