>   漢詩   >   唐詩選   >   巻四 五言排律   >   早発始興江口至虚氏村作(宋之問)

早発始興江口至虚氏村作(宋之問)

早發始興江口至虛氏村作
つとこう江口こうこうはっしてきょそんいたさく
そうもん
  • 五言排律。臺・開・苔・回・來・哉・灰・萊(平声灰韻)。
  • 『全唐詩』巻53所収。ウィキソース「早發始興江口至虛氏村作」参照。
  • 早 … 朝早く。
  • 始興江 … 川の名。広東省韶関市曲江区を流れ、北江に合流するという。『箋註唐詩選』(『漢文大系』冨山房)に「一統志に曰わく、曲江一名は相江。城を抱きて回曲して流るるを以て、故に名づく。又た始興江と名づく」(一統志曰。曲江一名相江。以抱城囘曲而流。故名。又名始興江)とある。
  • 江口 … 川のほとり。または、川と川の合流点。
  • 虚氏村 … 今の位置は不明。「虛氏」は、『全唐詩』には「一作靈長」とある。
  • 宋之問 … 656?~712。初唐の詩人。あざなは延清。ふん州(山西省汾陽市)の人。一説にかく州弘農県(河南省霊宝市)の人。上元二年(675)、進士に及第。則天武后に召されて楊炯ようけいとともに習芸館の学士となる。しょうほうかんじょうほう宸内しんない供奉ぐぶなどを歴任した。玄宗の先天元年(712)、自殺を命じられて死んだ。沈佺期とともに七言律詩の定型を作り出し、「沈宋」と呼ばれた。『宋之問集』二巻がある。ウィキペディア【宋之問】参照。
候曉踰閩嶂
あかつきってびんしょう
  • 候暁 … 夜明けを待って。「候」は、待つ。
  • 閩 … 福建省の古名。
  • 嶂 … 高く険しい峰。『全唐詩』では「嶠」に作り、「一作障」とある。
  • 踰 … 越える。
乘春望越臺
はるじょうじて越台えつだいのぞ
  • 春 … 春の好季節。
  • 越台 … 越王台のこと。漢初の頃、今の広東省広州市の越秀山に南越王のちょうが築いたといわれる高台。趙佗については、ウィキペディア【趙佗】参照。
宿雲鵬際落
宿しゅくうん 鵬際ほうさい
  • 宿雲 … 夜来の雲。
  • 鵬際 … おおとりの飛び行くはるかな空。遠く南海の彼方。『荘子』逍遥遊篇に「とりり、ほうす。泰山たいざんごとく、つばさ垂天すいてんくもごとし。よう羊角ようかくしてのぼものきゅうまんうん青天せいてんい、しかのちみなみし、まさ南冥なんめいかんとす」(有鳥焉、其名爲鵬。背若泰山、翼若垂天之雲。摶扶搖羊角而上者九萬里。絕雲氣負靑天、然後圖南、且適南冥也)とある。ウィキソース「莊子/逍遙遊」参照。
  • 落 … 沈んでゆく。消え失せる。
殘月蚌中開
残月ざんげつ ぼうちゅうひら
  • 残月 … 明け方の空に消えずに残っている月。有明ありあけの月。名残の月。のこんの月。
  • 蚌 … おおはまぐり。『史記』さく伝に「明月めいげつたま江海こうかいでて、ぼうちゅうぞうす」(明月之珠出於江海、藏於蚌中)とある。ウィキソース「史記/卷128」参照。
薜荔搖靑氣
薜荔へいれい せいゆるがし
  • 薜荔 … つたかずらの類の総称。ウィキペディア(中文)【薜荔】参照。
  • 青気 … 山中の緑一色の大気。
桄榔翳碧苔
桄榔こうろう 碧苔へきたいおお
  • 桄榔 … 南方に自生するヤシ科の常緑低木。和名くろつぐ。ウィキペディア【クロツグ】参照。
  • 碧苔 … 緑の苔の上。
  • 翳 … 覆いかぶさる。
桂香多露裛
かつらかんばしくして多露たろうるお
  • 桂香 … 桂の花がよい香りを放つこと。
  • 多露 … 露にしとど濡れている様子。
  • 裛 … 濡らす。潤す。
石響細泉回
いしひびいて細泉さいせんかえ
  • 石響 … 谷の石が音を立てるのは。
  • 細泉回 … 湧き出た泉が細かく分かれて流れるからである。
抱葉玄猿嘯
いだいて玄猿げんえんうそぶ
  • 抱葉 … 木の葉を抱えて。
  • 玄猿嘯 … 黒い猿が鳴き叫ぶ。「玄猿」は、黒い猿。悲痛な鳴き声を立てるという。司馬しばしょうじょちょうもん」(『文選』巻十六)に「玄猨げんえんうそぶきてながぎんず」(玄猨嘯而長吟)とある。「猨」は、「猿」の異体字。ウィキソース「長門賦」参照。
銜花翡翠來
はなふくんですいきた
  • 銜 … くわえる。
  • 翡翠 … 翡翠かわせみ。川や池などの近くに住む小鳥。くちばしが長く、魚を捕らえて食べる。ウィキペディア【カワセミ】参照。
南中雖可悅
なんちゅう よろこしといえど
  • 南中 … 南方の地方。嶺南れいなん地方(今の広東省)のこと。
  • 雖可悦 … 私の心を楽しませてくれるが。
北思日悠哉
ほく ゆうなるかな
  • 北思 … 北の都を懐かしむ心。
  • 日 … 日に日に。日増しに。
  • 悠哉 … 深く思って尽きないこと。『詩経』国風・周南・關雎篇に「ゆうなるかなゆうなるかな輾転てんてん反側はんそくす」(悠哉悠哉、輾轉反側)とある。ウィキソース「詩經/關雎」参照。
鬒髮俄成素
鬒髪しんぱつ にわかに
  • 鬒髪 … 黒くて美しい髪。『詩経』国風・鄘風ようふう・君子偕老篇に「鬒髪しんぱつくもごとく、ていいさぎよしとせず」(鬒髮如雲、不屑髢也)とある。「髢」は、添え髪。かつら。ウィキソース「詩經/君子偕老」参照。
  • 俄 … 急に。
  • 素 … 白い糸。転じて、白髪。江淹こうえん「雑体詩三十首 りゅうたいらんいたむ)こん」(『文選』巻三十一)に「功名こうめいしむらくはいまたざるに、玄髪げんぱつすであらたまる」(功名惜未立、玄髮已改素)とある。ウィキソース「劉太尉傷亂」参照。
丹心已作灰
丹心たんしん すではい
  • 丹心 … 熱情のこもった真心。赤誠。赤心。
  • 作灰 … 灰のように冷え切ってしまうこと。『荘子』斉物論篇に「かたちもとより槁木こうぼくごとくならしむく、こころもとよりかいごとくならしむきか」(形固可使如槁木、心固可使如死灰乎)とある。ウィキソース「莊子/齊物論」参照。「槁木」は、枯れた木。「死灰」は、冷えた灰。
何當首歸路
いつまさ帰路きろかって
  • 何当 … 「いつかまさに~すべし」と読み、「いつ~するであろうか」「~するのはいつのことであろうか」と訳す。
  • 首帰路 … 故郷への帰路に向かって。「首」は、向かう。
行剪故園萊
くゆくえんらいるべき
  • 行 … 「ゆくゆく」と読み、「やがて~」「そのうち~」「~するようになる」と訳す。
  • 故園 … 故郷の庭園。
  • 萊 … 雑草の名。あかざ。「れい」と同じ。『詩経』小雅・南山有台篇に「南山なんざんだいり、北山ほくざんらいり」(南山有臺、北山有萊)とある。「台」は、かやつりぐさ科の草。かさすげ。「だい」と同じ。ウィキソース「詩經/南山有臺」参照。また、しゃちょうちょうる」(『文選』巻三十)に「まさせんしょうものおなじうし、って北山ほくざんらいらん」(方同戰勝者、去翦北山萊)とある。ウィキソース「昭明文選/卷30」参照。
  • 剪 … 鋏で刈り取る。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行