>   漢詩   >   唐詩選   >   巻二 七言古詩   >   下山歌(宋之問)

下山歌(宋之問)

下山歌やまくだうた
宋之問そうしもん     
  • 七言古詩。思・遲・時(平声支韻)。
下嵩山兮多所思
嵩山すうざんくだればおもところおお
  • 嵩山 …河南省の洛陽の東にある名山。中国五岳のうちの中岳。峻極峰を中央に、東を太室、西を少室と呼ぶ。
  • けい間拍子まびょうしの声をあらわす助辞。「楚辞」の句形。訓読しない。
攜佳人兮歩遲遲
佳人かじんたずさえてあゆむこと遅遅ちちたり
  • 佳人 … 通常は美人を指すが、ここでは良友を指す。
  • 遅遅 … 物事がぐずぐずして進まないさま。『詩経』邶風・谷風篇に、「道を行くこと遅遅たり。中心違うこと有り」に基づく。
松閒明月長如此
松間しょうかん明月めいげつ とこしえにかくのごときも
君再遊兮復何時
きみふたたあそばんはいずれのとき
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行