>   漢詩   >   唐詩選   >   巻四 五言排律   >   和姚給事寓直之作(宋之問)

和姚給事寓直之作(宋之問)

和姚給事寓直之作
ようきゅうぐうちょくさく
そうもん
  • 五言排律。陽・郎・行・霜・芳・長・昌・揚・章(平声陽韻)。
  • 『全唐詩』巻53所収。ウィキソース「和姚給事寓直之作」参照。
  • 姚 … 姓。人物については不明。
  • 給事 … 官名。給事中。門下省に属し、詔勅を検討する役。ウィキペディア【給事中】参照。
  • 寓直 … 本来は自分の勤務する官庁以外の役所に宿直することであるが、ここでは単に宿直の意に使っているのかもしれず、はっきりわからない。
  • 和 … ここでは、姚が詩を作って贈ってきたのに対し、作者が唱和したもの。
  • 宋之問 … 656?~712。初唐の詩人。あざなは延清。ふん州(山西省)の人。上元二年(675)、進士に及第。沈佺期とともに七言律詩の定型を作り出し、「沈宋」と呼ばれた。ウィキペディア【宋之問】参照。
清論滿朝陽
清論せいろん ちょうよう
  • 清論 … 彼を賞賛する朝廷内の清雅な議論。また、姚給事自身の清雅な発言と解釈する説もある。
  • 朝陽 … 本来は山の東側の日の当たる場所をいうが、ここでは朝廷を指す。『詩経』大雅・けんに「鳳皇ほうおうけり、高岡こうこうに。とうしょうぜり、彼のちょうように」(鳳皇鳴矣、于彼高岡。梧桐生矣、于彼朝陽)とある。ウィキソース「詩經/卷阿」参照。鄭玄『毛詩鄭箋』に「梧桐生ずるは、猶お名君出ずるがごときなり。朝陽に生ずは、温仁の気を被る」(梧桐生者、猶名君出也。生於朝陽者、被温仁之氣)とあり、朝陽が朝廷を指すのは、ここに基づく。
高才拜夕郎
高才こうさい 夕郎せきろうはい
  • 高才 … 優れた才能。また、優れた才能を持っている人。ここでは、姚を指す。
  • 夕郎 … 漢代、給事中の前身である給事黄門侍郎は、毎夕、宮中でせいもんに対して拝礼したことから、夕郎または夕拝と呼ばれた。
  • 拝 … 拝命される。任命される。
還從避馬路
うまくるのみちより
  • 避馬路 … 昔の人が馬を避けたという御史台の道。御史台は検察官のこと。桓典かんてんが侍御史に任じられたとき、その厳正さに権力を握っていた宦官たちは畏れをなした。桓典はいつもそう(黒毛と白毛のまざった馬)に乗っていたので、京師の人々は「行き行きてとどまれ、そう御史を避けよ」と言い合ったという、『後漢書』桓典伝に見える故事を踏まえる。ウィキソース「後漢書/卷37」(玄孫典)参照。
  • 従 … 「より」と読み、「~から」と訳す。「自」と同じ。
來接珥貂行
きたりててんさしはさこうせっ
  • 珥貂行 … てんの尾を冠に挿す門下省の一員に加わること。「ちょう」は、冠をてんの尾で飾ること。漢代では侍中・中常侍などの高官がこの飾りをつける決まりであったが、唐代では門下省の長官である侍中もつけたという。「行」は、隊列。仲間。
寵就黃扉日
ちょうく こう
  • 寵 … 帝の寵愛。帝の恩寵。
  • 就 … 成就する。完成する。
  • 黄扉 … 黄門。黄閣。唐代では門下省を指す。
威廻白簡霜
めぐる 白簡はくかんしも
  • 威 … 君(姚)の威厳。君の威勢。
  • 廻 … 朝廷に行き渡る。『全唐詩』では「回」に作る。
  • 白簡霜 … 「白簡」は、御史が官吏の不正を弾劾するための上奏文を書き記すのに用いた白い木札。「霜」は、弾劾の厳しさの喩え。『晋書』巻四十七、げん伝に「奏劾そうがい有るごとに、或いは日暮れにえば、白簡を捧げて、簪帯しんたいを整え、しょうようねず、坐して旦を待つ」(每有奏劾、或值日暮、捧白簡、整簪帶、竦踴不寐、坐而待旦)とある。「簪帯」は、冠をとめるためのかんざしと帯。「竦踊」は、身体をそびやかして踊り歩くこと。ウィキソース「晉書/卷047」参照。また、戸崎允明『箋註唐詩選』に「南史に曰わく、沈約しんやく中丞ちゅうじょうと為る。弾文だんぶん皆な白簡はくかんを奉じて以て聞す」(南史曰、沈約爲中丞。彈文皆奉白簡以聞)とあるが、『南史』の現行本にこの文章は見当たらない。
柏臺遷鳥茂
柏台はくだい とりうつしてしげ
  • 柏台遷鳥茂 … 御史台の柏並木は君という鳥が移ってきて、いよいよ茂った。「柏台」は、御史台のこと。御史台には柏並木があったのでこう呼ぶ。「鳥」は姚、「茂」は、彼が御史に任命されて業績を上げたことに喩える。柏並木に数千羽の烏が巣くって、朝飛び立って夕方には帰ってきたので「朝夕烏」と呼んだという、『漢書』朱博しゅはく伝に見える故事に基づく。ウィキソース「漢書/卷083」参照。
蘭署得人芳
蘭署らんしょ ひとかんば
  • 蘭署 … 秘書省のこと。宮中の文書・記録を扱う役所。蘭台ともいう。
  • 得人芳 … 君という人材を得て、蘭の花のようにかぐわしく香っている。
禁靜鐘初徹
きんしずかにしてかねはじめてとお
  • 禁静 … 禁中は静まりかえって。「禁」は、禁中。禁裏。宮中。
  • 鐘初徹 … 時を告げる鐘の音がよく響き渡るようになる。
更疎漏更長
こうにしてろうさらなが
  • 更 … 日没から夜明けまでの時間を五等分した単位の名。初更・二更・三更・四更・五更。
  • 疎 … 更と更との間隔が間遠く感じられること。「疏」に作るテキストもあるが、「疎」と同じ。
  • 漏 … 漏刻。水時計。
  • 更長 … (水時計の音も)一段と長く聞こえてくる。『全唐詩』では「ようやながし」(漸長)に作る。こちらは「次第に長く聞こえてくる」と訳す。
曉河低武庫
ぎょう 武庫ぶこ
  • 暁河 … 明け方の天の川。しょ
  • 武庫 …星の名。二十八宿の一つ、西方けい十六星の別名。『晋書』巻十一、天文志上に「西方の奎十六星は、天の武庫なり」(西方奎十六星、天之武庫也)とある。ウィキソース「晉書/卷011」(二十八舍)参照。また、宮中の武器を納める倉庫のこと。ここでは、その両方にかけている。
  • 低 … 低く垂れかかる。
流火度文昌
りゅう ぶんしょうわた
  • 流火 … さそり座のアンタレス星のこと。「火」「大火」「心星」ともいう。この星は陰暦七月の黄昏時、西の空に流れるように次第に低くなっていく。『詩経』豳風ひんぷう・七月篇に「七月流火、九月衣を授く」(七月流火、九月授衣)とある。ウィキソース「詩經/七月」参照。
  • 文昌 … 宮殿の名。また、星座の名。文昌星。北斗七星の柄杓の先にある大熊座に属する六つの星。ここでは、その両方にかけている。
  • 度 … 渡る。
寓直光輝重
ぐうちょく こうおも
  • 寓直 … 本来は自分の勤務する官庁以外の役所に宿直することであるが、ここでは単に宿直の意に使っているのかもしれず、はっきりわからない。
  • 光輝 … 光栄。名誉。栄光。『全唐詩』では「おん」に作り、「一作光輝」とある。「恩徽」は、天子の恩寵。
乘秋藻翰揚
あきじょうじて藻翰そうかんがる
  • 乗秋 … 秋の季節に乗じて。
  • 藻翰 … 華やかで美しい文章。ここでは姚が寓直して作った詩を指す。
  • 揚 … 空高く舞い上がる。
暗投空欲報
暗投あんとう むなしくほうぜんとほっするも
  • 暗投 … 夜光の玉も暗闇の中で人の前に投げれば、人は驚いて警戒する。貴重なものも然るべき相手に示さなければ、何の役にも立たないという喩え。漢の鄒陽すうようが梁の孝王に送った手紙「獄中上梁王書」に「明月のたま、夜光のたまも、暗を以て人に道に投ずれば、衆は剣をあんじてあいにらまざる者莫し。なんとなれば則ちいん無くして前に至ればなり」(明月之珠、夜光之璧、以暗投人於道、衆莫不按劍相眄。何則無因而至前也)とある。ウィキソース「獄中上梁王書」参照。ここでは、作者が自分は詩を贈られるに値する者ではないと、謙遜していったもの。なお、「何則」は「なんとなればすなわち~ばなり」と読み、「なぜならば~だからだ」と訳す。
  • 空欲報 … お返しの詩を作りたいと思うが、どうにも無駄である。
下調不成章
調ちょう しょうさず
  • 下調 … つまらぬ格調の詩。自分の詩を卑下していったもの。
  • 不成章 … 詩があまりにも下手で、文章のたいを成していない。「章」は、ここでは詩の節・連。『列子』湯問篇に「匏巴こはことせば、とりうおおどる。ていぶんこれき、いえててじょうしたがってあそぶ。ゆびささげんととのうること三年さんねんしょうさず」(匏巴鼓琴、而鳥舞魚躍。鄭師文聞之、棄家從師襄游。柱指鈞弦三年、不成章)とある。ウィキソース「列子/湯問篇」(匏巴鼓琴)参照。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行