>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   扈従登封途中作(宋之問)

扈従登封途中作(宋之問)

扈従登封途中作
登封とうほう扈従こしょうする途中とちゅうさく
そうもん
  • 五言律詩。嵬・哉・回・來・才(平声灰韻)。
  • 登封 … 天子が即位したしるしとして天地をまつる儀式。封禅ともいう。
  • 扈従 … 天子にお供すること。
  • 宋之問 … 656?~712。初唐の詩人。あざなは延清。ふん州(山西省)の人。上元二(675)年、進士に及第。沈佺期とともに七言律詩の定型を作り出し、「沈宋」と呼ばれた。ウィキペディア【宋之問】参照。
帳殿鬱崔嵬
帳殿ちょうでん うつとして崔嵬さいかいたり
  • 帳殿 … 天子の行幸のとき、とばりを張りめぐらして仮に造られた宮殿のこと。
  • 鬱 … 盛んなさま。
  • 崔嵬 … 山が高くけわしいさま。ここでは帳殿を指す。
仙遊實壯哉
仙遊せんゆう まことさかんなるかな
  • 仙遊 … 天子の行幸。
曉雲連幕捲
あかつきくもばくつらねて
夜火雜星囘
よるかがりほしまじえてめぐ
  • 夜火 … 衛士のかざすたいまつの火。
谷暗千旗出
たにくろうして千旗せんき
山鳴萬乘來
やまりて万乗ばんじょうきた
  • 万乗 … 天子の兵車は万乗(兵車一万台)という制があるので、天子の馬車の行列をいう。
扈遊良可賦
扈遊こゆう まことすべきも
  • 遊 … 『全唐詩』では「從」に作る。
  • 賦 … 詩をつくる。
終乏掞天才
つい掞天せんてんさいとぼ
  • 掞天才 … 天子の前でのべて見せられるほどの詩賦の才能のこと。掞はのべる。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行