>   漢詩   >   歴代詩選:古代   >   関雎(『詩経』国風・周南)

関雎(『詩経』国風・周南)

関雎
関雎かんしょ
『詩経』国風・周南
  • 〔出典〕 『毛詩』巻一(『四部叢刊 初編経部』所収)、『詩集伝』巻一(『四部叢刊 三編経部』所収)、他
  • ごん古詩。〔第一章〕鳩(kiu)・洲(tjiu)・逑(qiu)(幽部)。〔第二章〕流(liu)・求(giu)(幽部)。〔第三章〕得(tək)・服(biuək)・側(tzhiək)(職部)。〔第四章〕采(tsə)・友(hiuə)(之部)。〔第五章〕芼(mô)・樂(lôk)(宵薬通韻)。※王力『诗经韵读』(上海古籍出版社、1980年)の《诗经》入韵字音表(111~145頁)および146頁参照。ただし、146頁に「宵覚通韻」とあるが、「覚」は誤植と思われる。正しくは「薬」であろう。
  • ウィキソース「詩經/關雎」参照。
  • 関雎 … 首句「関関雎鳩」の二字を取って詩題としている。
  • 詩経 … 中国最古の詩集。305編。孔子が編集したといわれる。風(諸国の民謡)・雅(宮廷の音楽)・しょう(祭礼の歌)の三部からなる。風は国風ともいい、周南・召南・はいよう・衛・王・鄭・斉・魏・唐・秦・陳・檜・曹・ひんの十五に分かれる。雅は大雅・小雅の二つに分かれる。頌は周頌・魯頌・商頌の三つに分かれる。五経の一つ。十三経の一つ。『毛詩』『詩』ともいう。ウィキペディア【詩経】参照。
〔第一章〕
關關雎鳩 在河之洲
関関かんかんたるしょきゅうは かわ
  • 関関 … 鳥が和やかに鳴く声。
  • 雎鳩 … 鳥の名。みさご。ウィキペディア【ミサゴ】参照。
  • 河之洲 … 川の中洲。「河」はここでは黄河ではなく、一般的な川を指す。「洲」は川の中の小島。中洲。
窈窕淑女 君子好逑
ようちょうたるしゅくじょは くんこうきゅう
  • 窈窕 … しとやかで上品な様子。畳韻(同じ母音で終わる二字の熟語)の語。
  • 淑女 … よき娘。
  • 君子 … ここでは「窈窕たる淑女にふさわしい人」という意で、立派な若者を指す。地位の高い役人や徳のある人という意ではない。
  • 好逑 … よき連れ合い。よき配偶者。
〔第二章〕
參差荇菜 左右流之
しんたる荇菜こうさいは ゆうこれもと
  • 参差 … 長さが揃わず、ふぞろいな様子。
  • 荇菜 … 水草の名。あさざ。ウィキペディア【アサザ】参照。
  • 左右 … 左に右に。
  • 之 … 荇菜を指す。
  • 流 … 探し求める。「求」のしゃ字(字の意味に関係なく、音だけを借りたもの)。
窈窕淑女 寤寐求之
ようちょうたるしゅくじょは 寤寐ごびこれもと
  • 寤寐 … 寝てもさめても。
  • 之 … 淑女を指す。
  • 求 … 求め続ける。
〔第三章〕
求之不得 寤寐思服
これもとめてざれば 寤寐ごびふく
  • 求之不得 … いくら求めても得ることができず。
  • 思服 … 繰り返し思い慕う。
悠哉悠哉 輾轉反側
ゆうなるかな ゆうなるかな 輾転てんてん反側はんそく
  • 悠哉 … 思い続けること。思いがはてなく長いこと。
  • 輾転反側 … 眠れずに何度も寝返りをうつこと。
〔第四章〕
參差荇菜 左右采之
しんたる荇菜こうさいは ゆうこれ
  • 采 … 摘み取る。「採」と同じ。
窈窕淑女 琴瑟友之
ようちょうたるしゅくじょは 琴瑟きんしつ これともとす
  • 琴瑟 … 「琴」は小さなこと(五弦または七弦)。「瑟」は大きなこと(ふつう二十五弦)。
  • 友之 … 仲良くすること。親しむこと。「したしむ」と読んでも良い。
〔第五章〕
參差荇菜 左右芼之
しんたる荇菜こうさいは ゆうこれえら
  • 芼 … (細い草の葉を)選び取ること。
窈窕淑女 鐘鼓樂之
ようちょうたるしゅくじょは しょう これたのしむ
  • 鐘鼓 … 鐘と太鼓。
  • 楽之 … 楽しませよう。
余説
  • 関関 … 毛亨もうこう『毛伝』に「関関は和声なり」(關關和聲也)とある。また、朱熹『詩集伝』に「関関は雌雄相応ずるの和声なり」(關關雌雄相應之和聲也)とあり、オスとメスが和やかに鳴き交わす声と解釈している。
  • 窈窕 … 『毛伝』に「窈窕は幽閒なり」(窈窕幽閒也)とある。
  • 淑女 … 『毛伝』に「淑は善なり」(淑善)とある。『集伝』に「淑は善なり。女は未だ嫁がざるの称なり」(淑善也。女者未嫁之稱)とある。
  • 好逑 … 『毛伝』に「逑は匹なり」(逑匹也)とある。「匹」は連れ合い。
  • 荇菜 … 『毛伝』に「荇は接余なり」(荇接余也)とある。「接余」も、あさざのこと。『集伝』に「荇は接余なり、根は水底に生じ、茎はさいの如く、上は青く下は白く、葉は紫赤、円径は寸余、浮かびて水面に在り」(荇接余也、根生水底、莖如釵股、上青下白、葉紫赤、圓徑寸餘、浮在水面)とある。「釵股」は、かんざしのまた。
  • 流 … 『毛伝』に「流は求なり」(流求也)とある。
  • 寤寐 … 『毛伝』に「寤は覚むるなり。寐はぬるなり」(寤覺。寐寢也)とある。
  • 思服 … 『毛伝』に「服は之を思うなり」(服之也)とある。『集伝』に「服は猶お懐のごときなり」(服猶懷也)とある。
  • 悠哉 … 『毛伝』に「悠は思うなり」(悠思也)とある。『集伝』に「悠は長なり」(悠長也)とある。
  • 輾転反側 … 『集伝』に「皆して席に安んぜざるの意」(皆臥不安席之意)とある。
  • 琴瑟 … 『集伝』に「琴は五弦或いは七弦。瑟は二十五弦。皆糸の属」(琴五弦或七弦。瑟二十五弦。皆絲屬)とある。
  • 友之 … 『毛伝』に「宜しく琴瑟を以て之を友とししたしましむべし」(宜以琴瑟友樂之)とある。『集伝』に「友は親愛の意なり」(友者親愛之意也)とある。
  • 芼 … 『毛伝』に「芼は択ぶなり」(芼擇也)とある。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行