>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   送沙門弘景道俊玄荘還荊州応制(宋之問)

送沙門弘景道俊玄荘還荊州応制(宋之問)

送沙門弘景道俊玄莊還荊州應制
沙門しゃもん弘景こうけい道俊どうしゅん玄荘げんじょうけいしゅうかえるをおくる 応制おうせい
宋之問そうしもん     
  • 五言律詩。莊・長・梁・郷(平声陽韻)。
  • 沙門 … 僧侶。
  • 弘景 … 荊州玉泉寺の僧。
  • 道俊 … 不詳。
  • 玄荘 … 三蔵法師。
  • 莊 … 『全唐詩』等では「奘」に作る。
  • 応制 … 天子の命令によって作られた詩文。
  • 送沙門弘景道俊玄莊還荊州應制 … 『全唐詩』巻五十八に李嶠の作として収録、題下に「一作宋之問詩」との注がある。
三乘歸淨域
三乗さんじょう 浄域じょういきかえらんとし
  • 三乘 … 衆生を乗せて悟りに導く三つの方法。ここでは三人の僧が乗り物に乗って帰って行くことにかけている。底本(『箋註唐詩選』)では「一乘」に作る。
  • 浄域 … 清浄な地域。すなわち寺を指す。
萬騎餞通莊
万騎ばんき 通荘つうそうせん
  • 万騎 … 何万もの騎馬。ここでは見送る群臣百官。
  • 通荘 … 長安の大道。
  • 餞 … 餞別の宴を張る。
就日離亭近
いて離亭りていちか
  • 離亭 … 旅立つ人に対して送別の宴をする宿場。
彌天別路長
てんわたって別路べつろなが
荊南旋杖鉢
荊南けいなん 杖鉢じょうはつめぐらせば
  • 杖鉢 … 錫杖と鉢盂。
渭北限津梁
渭北いほく 津梁しんりょうかぎ
  • 渭北 … 渭水の北、長安一帯。
  • 津梁 … 渡し場の橋。
何日紆眞果
いずれの真果しんかまと
  • 真果 … 仏道の悟りを会得すること。
還來入帝郷
かえきたって帝郷ていきょうらん
  • 帝郷 … 長安を指す。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行