>   漢詩   >   唐詩選   >   巻四 五言排律   >   贈蘇味道(杜審言)

贈蘇味道(杜審言)

贈蘇味道
どうおくる)
審言しんげん     
  • 五言排律。歸・衣・稀・圍・肥・飛・畿・輝(平声微韻)。
  • 『全唐詩』巻62所収。ウィキソース「贈蘇味道」参照。
  • 蘇味道 … 648?~705?。初唐の詩人。趙州らんじょう(河北省)の人。20歳で進士に及第。突厥とっくつ征討に書記として参加した。則天武后の朝に宰相となった。きょうとともに「蘇李」といわれた。また、李嶠・崔融・杜審言とともに「文章四友」と呼ばれる。ウィキペディア【蘇味道】参照。
  • 高宗の調露元(679)年、突厥とっくつ征討の軍を出したとき、総大将のはい行倹こうけん(619~682)が蘇味道を招き書記として従軍させた。この詩は、友人である作者が、従軍中の蘇味道に詩を贈って、その労をねぎらい、凱旋の日を期待していることを詠ったもの。
  • 杜審言 … 645?~708。初唐の詩人。じょうよう(湖北省)の人。あざなは必簡。杜甫の祖父。咸亨元(670)年、進士に及第。李嶠、崔融、蘇味道とともに「文章四友」と呼ばれる。ウィキペディア【杜審言】参照。
北地寒應苦
ほく かん まさはなはだしかるべし
  • 北地 … 北の地。蘇味道がいる所。
  • 寒 … 寒さ。
  • 応 … 「まさに~すべし」と読み、「きっと~であろう」と訳す。再読文字。強い推量の意を示す。
  • 苦 … 「はなはだ」と読む。程度が激しくてひどい様子。
南庭戍未歸
南庭なんてい まもり いまかえらず
  • 南庭 … 南匈奴の地。
  • 庭 … 底本では「城」に作るが、『全唐詩』等に従い改めた。
  • 戍 … 辺地を守ること。または、守備隊。
  • 未 … 底本では「不」に作るが、『全唐詩』等に従い改めた。
邊聲亂羌笛
辺声へんせい きょうてきみだ
  • 辺声 … 辺地の歌声うたごえ
  • 羌笛 … 羌族が吹く笛のこと。羌族はチベット系異民族。
  • 乱 … 乱して響く。入り乱れて聞こえる。
朔氣捲戎衣
さっ じゅう
  • 朔気 … 北方からの冷たい風。北風。
  • 戎衣 … 軍服。
  • 捲 … 吹きつけて、捲き上げる。『全唐詩』では「巻」に作る。
雨雪關山暗
せつ 関山かんざんくら
  • 雨雪 … 降りしきる雨と雪。
  • 関山 … 関所のある山。
風霜草木稀
風霜ふうそう 草木そうもくまれなり
  • 風霜 … 風と霜に痛めつけられる。
  • 稀 … まばら。
胡兵戰欲盡
へい たたかいてきんとほっ
  • 胡兵 … 敵兵。北方のえびすの国の兵士。西突厥の兵士。
  • 欲 … 「(んと)ほっす」と読み、「今にも~しようとする」「今にも~になりそうだ」と訳す。
漢卒尚重圍
漢卒かんそつ かこみをかさ
  • 漢卒 … 漢の軍隊。「卒」は歩兵。
  • 重囲 … 何重にも包囲している。
雲淨妖星落
くもきよくして妖星ようせい
  • 雲浄 … 雲が清く晴れわたって。
  • 妖星 … 不吉なことの起こる前兆として現れる星。
  • 落 … 姿を隠す。
秋高塞馬肥
あきたかくしてさい
  • 秋高 … 秋の空気が澄みわたって、空が高く見えること。
  • 塞馬 … 辺地の馬。国境地帯の馬。北辺の馬。胡馬。
  • 秋高塞馬肥 … 故事成語「秋高く馬肥ゆ」も参照。
據鞍雄劍動
くられば雄剣ゆうけんうご
  • 拠鞍 … 君が鞍にまたがるとき。鞍にまたがって身構えれば。
  • 雄剣 … すぐれた剣。名剣。
  • 動 … 振り下ろされる。
搖筆羽書飛
ふでゆるがせばしょ
  • 揺筆 … 筆を揮う。筆を走らせる。
  • 搖 … 『全唐詩』では「插」に作り、「一作搖」との注がある。
  • 羽書 … 急を告げる意味で、鳥の羽をはさんである檄文。羽檄。
  • 飛 … 飛ぶように伝達される。
輿駕還京邑
輿駕よが 京邑けいゆうかえ
  • 輿駕 … 天子の乗り物。
  • 京邑 … 都。
  • 還 … 行幸先から帰られる。還御。還幸。
朋遊滿帝畿
朋遊ほうゆう てい
  • 朋遊 … (天子に随行した君の)友だち。朋友。
  • 帝畿 … 帝都とその周辺の地。
方期來獻凱
まさす きたりてがいけん
  • 方 … 今こそ。今まさに。
  • 期 … 期待する。
  • 献凱 … 凱旋して戦利品や捕虜を宗廟に献上する。凱旋して戦勝報告をすること。
歌舞共春輝
歌舞かぶ しゅんともにせんことを
  • 歌舞 … 歌い舞うこと。歌舞して戦勝の祝宴を催すこと。
  • 春輝 … 春の太陽の光。
  • 共 … いっしょに楽しむ。いっしょに満喫する。
余説
  • 突厥征討の年代について、森槐南『唐詩選評釋』(大正七年、文會堂書店)は中宗の神龍二(706)年のこととし、ちょう仁愿じんげん(?~714)を総大将として従軍したとある。同じく、簡野道明『唐詩選詳説』(昭和四年、明治書院)も「嘗て張仁愿に從つて朔方に參軍となつてゐた時」と記述している。年代が合わず、どちらも誤り。『新唐書』巻百十四、蘇味道伝によると、「吏部侍郎裴行倹、之を才とす。会〻たまたま突厥を征するに、引いて書記を管せしむ」(吏部侍郎裴行儉、才之。會征突厥、引管書記)とある。ウィキソース「新唐書/卷114」参照。『旧唐書』巻九十四にも同様の記述がある。また、『旧唐書』巻五、高宗本紀 下に「調露元年。……九月壬午、吏部侍郎裴行倹、西突厥を討ち、其の十姓可汗阿史那都支、及び別帥李遮匐をとらえ、以て帰る」(調露元年。……九月壬午、吏部侍郎裴行儉討西突厥、擒其十姓可汗阿史那都支及別帥李遮匐以歸)とある。ウィキソース「舊唐書/卷5」参照。
  • 漢卒尚重圍、雲淨妖星落、秋高塞馬肥 … 『全唐詩』では「虜騎獵猶肥、雁塞何時入、龍城幾度圍」に作り、「一作漢卒尚重圍、雲淨妖星落、秋深塞馬肥」との注がある。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行