>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   送崔融(杜審言)

送崔融(杜審言)

送崔融
崔融さいゆうおく
審言しんげん
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻三、『全唐詩』巻六十二、『杜審言集』巻上(『前唐十二家詩』所収)、『杜審言集』巻上(『唐五十家詩集』所収)、『唐詩品彙』巻五十七、『唐詩別裁集』巻九、他
  • 五言律詩。將・征・城・聲・平(平声庚韻)。
  • ウィキソース「送崔融 (杜審言)」参照。
  • 崔融 … 653~706。唐初期の詩人。
  • 杜審言 … 645?~708。初唐の詩人。じょうよう(湖北省)の人。あざなは必簡。杜甫の祖父。咸亨元年(670)、進士に及第。李嶠、崔融、蘇味道とともに「文章四友」と呼ばれる。ウィキペディア【杜審言】参照。
君王行出將
君王くんのう 行〻ゆくゆくでてしょうたらんとし
  • 君王 … 則天武后の甥、武三思を指す。
  • 行 … 「ゆくゆく」と読む。「今まさに」の意。
書記遠從征
しょ とおせいしたが
  • 書記 … 崔融を指す。
祖帳連河闕
ちょう けつつらなり
  • 祖帳 … 送別の宴。
  • 河闕 … 洛陽南の伊闕山。
軍麾動洛城
ぐん らくじょううごかす
  • 軍麾 … 指揮旗。
旌旗朝朔氣
せい あしたにはさく
  • 旌旗 … 旗指物。「旌旃せいせん」「旌旆せいはい」も同じ。
  • 旗 … 『全唐詩』では「旃」に作り、「一作旗」とある。『前唐十二家詩本』『唐五十家詩集本』『唐詩品彙』『唐詩別裁集』では「旃」に作る。
  • 朔気 … 北方のつめたい空気。
笳吹夜邊聲
すい よるには辺声へんせい
  • 笳吹 … 胡笳の音。
  • 辺声 … 辺境の音色。ここでは胡笳の音を指す。
坐覺煙塵掃
そぞろにおぼゆ 煙塵えんじんはらわるるを
  • 坐 … なんとなく。
  • 煙 … 『唐詩選』『唐詩品彙』『唐詩別裁集』では「烟」に作る。異体字。
  • 掃 … 『唐詩選』では「拂」に作る。
秋風古北平
しゅうふう 北平ほくへい
  • 古北平 … いにしえの右北平ゆうほくへいの地。秦から漢の右北平郡、晋の北平郡のこと。ウィキペディア【右北平郡】参照。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行