>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   蓬萊三殿侍宴奉勅詠終南山(杜審言)

蓬萊三殿侍宴奉勅詠終南山(杜審言)

蓬萊三殿侍宴奉勅詠終南山
蓬萊ほうらい三殿さんでんにてえんし、ちょくほうじてしゅうなんざんえい
審言しんげん
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻三、『全唐詩』巻六十二、『杜審言集』巻上(『前唐十二家詩』所収)、『杜審言集』巻上(『唐五十家詩集』所収)、『文苑英華』巻一百六十九、『唐詩品彙』巻五十七、『唐詩別裁集』巻九、他
  • 五言律詩。邊・前・懸・烟・天(平声先韻)。
  • ウィキソース「蓬萊三殿侍宴奉敕詠終南山應制」参照。
  • 詩題 … 『全唐詩』『前唐十二家詩本』『唐五十家詩集本』『文苑英華』では「蓬萊三殿侍宴奉敕詠終南山應制」に作る。
  • 蓬萊三殿 … 長安の東北にあった蓬萊宮のこと。この宮殿には三つの殿があったので蓬萊三殿と呼ばれた。
  • 勅 … 勅命。
  • 終南山 … 長安の南方にある山。
  • 杜審言 … 645?~708。初唐の詩人。じょうよう(湖北省)の人。あざなは必簡。杜甫の祖父。咸亨元年(670)、進士に及第。李嶠、崔融、蘇味道とともに「文章四友」と呼ばれる。ウィキペディア【杜審言】参照。
北斗挂城邊
ほく じょうへんかか
  • 北斗 … 北斗七星。
南山倚殿前
南山なんざん 殿前でんぜん
  • 南山 … 終南山。
雲標金闕迥
うんぴょう 金闕きんけつ はるかに
  • 雲標 … 雲の上。標は表。
  • 金闕 … 天子の宮殿。
  • 迥 … 「遠」と同じ。『唐五十家詩集本』『文苑英華』『唐詩品彙』では「逈」に作る。異体字。
樹杪玉堂懸
じゅびょう ぎょくどうかか
  • 樹杪 … 木のこずえ。
  • 玉堂 … 美しい御殿。
半嶺通佳氣
半嶺はんれい 佳気かきつう
  • 半嶺 … 山の中腹。
  • 佳気 … めでたい気。
中峰繞瑞煙
ちゅうほう 瑞煙ずいえんめぐ
  • 中峰 … 中央に聳える峰。
  • 峰 … 『文苑英華』『唐詩品彙』では「峯」に作る。異体字。
  • 瑞煙 … めでたい雲煙。
  • 煙 … 『唐詩選』『文苑英華』『唐詩品彙』『唐詩別裁集』では「烟」に作る。異体字。
小臣持獻壽
しょうしん して寿じゅけん
  • 小臣 … 臣下である作者が自分を謙遜していった言葉。
  • 持 … 終南山を持して。
長此戴堯天
とこしえにここぎょうてんいただかん
  • 堯天 … 堯帝のような聖天子。
  • 堯 … 『唐五十家詩集本』『文苑英華』では「高」に作る。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行