>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   和晋陵陸丞早春遊望(杜審言)

和晋陵陸丞早春遊望(杜審言)

和晉陵陸丞早春遊望
しんりょうりくじょうそうしゅん遊望ゆうぼう
審言しんげん
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻三、『唐詩三百首』五言律詩、『三体詩』五言律詩・四実、『全唐詩』巻六十二(杜審言)、『全唐詩』巻一百九十五(韋應物)、『杜審言集』巻上(『前唐十二家詩』所収)、『杜審言集』巻上(『唐五十家詩集』所収)、『文苑英華』巻二百四十一、『唐詩品彙』巻五十七、『唐詩別裁集』巻九、他
  • 五言律詩。人・新・春・蘋・巾(平声真韻)。
  • ウィキソース「和晉陵陸丞早春遊望」参照。
  • 詩題 … 『全唐詩』巻六十二に杜審言の詩として収録されているが、題下に「一作韋應物詩」とある。また、『全唐詩』巻一百九十五にもまったく同じ詩が韋應物の詩として収録され、題下に「一作杜審言詩」とある。『三体詩』では「早春游望」に作る。『前唐十二家詩本』『唐五十家詩集本』では「和晉陵陸丞早春游望」に作る。『文苑英華』では「和晋陵陸丞早春有懐」に作る。
  • 晋陵 … 今の江蘇省常州府武進県。
  • 陸丞 … 陸某。人物については不明。「丞」は、県の次官。
  • 早春遊望 … 「早春に遊望する」という題の詩。「遊望」は、出遊して景色を眺望すること。
  • 和 … 陸丞の作った詩に、作者が唱和して詩を作ること。ここでは「和」といっても、同じ韻を使っているとは限らない。
  • 杜審言 … 645?~708。初唐の詩人。じょうよう(湖北省)の人。あざなは必簡。杜甫の祖父。咸亨元年(670)、進士に及第。李嶠、崔融、蘇味道とともに「文章四友」と呼ばれる。ウィキペディア【杜審言】参照。
獨有宦遊人
ひと宦遊かんゆうひと
  • 宦遊 … 故郷を離れてほかの地方に行く役人のこと。
  • 遊 … 『三体詩』『前唐十二家詩本』『唐五十家詩集本』では「游」に作る。
偏驚物候新
ひとえに物候ぶっこうあらたなるをおどろ
  • 物候 … 万物が気候に応じて移り変わること。
雲霞出海曙
うん うみでて
  • 雲霞 … 雲と、かすみ。
  • 曙 … 夜が明ける。
梅柳度江春
ばいりゅう こうわたってはるなり
  • 江 … 長江。
  • 度 … 『唐詩三百首』『三体詩』『前唐十二家詩本』『唐五十家詩集本』『唐詩品彙』『唐詩別裁集』では「渡」に作る。
淑氣催黄鳥
しゅく こうちょううなが
  • 淑気 … 春の和気。
  • 黄鳥 … 朝鮮うぐいす。
晴光轉綠蘋
晴光せいこう りょくひんてん
  • 晴光 … 明るい日の光。
  • 轉 … 『前唐十二家詩本』では「照」に作る。
  • 緑蘋 … 浮草。
忽聞歌古調
たちま調ちょううたうを
  • 古調 … 古風な調子の詩。
歸思欲沾巾
帰思きし きんうるおさんとほっ
  • 帰思 … 故郷に帰りたいと思う心。
  • 巾 … ハンカチ。
  • 沾 … 涙でぬらすこと。『全唐詩』『前唐十二家詩本』『唐五十家詩集本』では「霑」に作る。
  • 欲 … 『文苑英華』では「已」に作る。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行