>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   送邢桂州(王維)

送邢桂州(王維)

送邢桂州
けい桂州けいしゅうおく
おう
  • 五言律詩。庭・舲・青・星(平声青韻)。
  • 邢 … 姓。人物については不詳。
  • 桂州 … 今の広西省桂林。
  • 王維 … 699?~761。盛唐の詩人、画家。太原(山西省)の人。あざなきつ。開元七(719)年、進士に及第。安禄山の乱で捕らえられたが事なきを得、乱後は粛宗に用いられてしょうじょゆうじょう(書記官長)まで進んだので、王右丞とも呼ばれる。また、仏教に帰依したため、詩仏と称される。『王右丞集』十巻(または六巻)がある。ウィキペディア【王維】参照。
鐃吹喧京口
鐃吹どうすい 京口けいこうかまびすしく
  • 鐃吹 … ドラを鳴らし、笛を吹くこと。
  • 京口 … 今の江蘇省鎮江市。
風波下洞庭
風波ふうは 洞庭どうていくだ
  • 洞庭 … 湖南省の洞庭湖。
赭圻將赤岸
赭圻しゃき た 赤岸せきがん
  • 赭圻 … 城の名。
  • 赤岸 … 山の名。
撃汰復揚舲
撃汰げきたい た 揚舲ようれい
  • 撃汰 … 波を舟のかいで打って進めること。汰は波。
  • 揚舲 … 船が波に乗って進むこと。舲は窓のある小舟。
日落江湖白
ちて江湖こうこしろ
  • 江湖 … 川と湖。揚子江と洞庭湖の意から。ほかに「世間」という意味もあるが、ここでは採らない。
潮來天地青
うしおきたっててんあお
明珠歸合浦
明珠めいしゅ 合浦がっぽ
  • この句以下は『後漢書』にみえる故事をふまえている。詳細は省略。
應逐使臣星
まさ使臣ししんほしうべし
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行