>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   送平淡然判官(王維)

送平淡然判官(王維)

送平淡然判官
平淡然へいたんねん判官はんがんおくる)
おう
  • 五言律詩。侯・愁・流・頭(平声尤韻)。
  • 平淡然 … 人名。人物については不明。
  • 判官 … 節度使などの属官。
  • 王維 … 699?~761。盛唐の詩人、画家。太原(山西省)の人。あざなきつ。開元七(719)年、進士に及第。安禄山の乱で捕らえられたが事なきを得、乱後は粛宗に用いられてしょうじょゆうじょう(書記官長)まで進んだので、王右丞とも呼ばれる。また、仏教に帰依したため、詩仏と称される。『王右丞集』十巻(または六巻)がある。ウィキペディア【王維】参照。
不識陽關路
らず 陽関ようかんみち
  • 陽関 … 今の甘粛省敦煌県の南西にあった関所。
新從定遠侯
あらたに定遠侯ていえんこうしたが
  • 定遠侯 … もとは後漢の班超を指すが、ここでは平淡然の上官である将軍を指す。
黄雲斷春色
黄雲こううん 春色しゅんしょく
  • 黄雲 … 黄砂のために黄色くなった雲。
  • 春色 … 春の光。
畫角起邊愁
画角がかく 辺愁へんしゅうこす
  • 画角 … 絵の描いてあるつの笛。軍中で用いる。
  • 起 … 『全唐詩』には「一作越」とある。
瀚海經年別
瀚海かんかい としわか
  • 瀚海 … ゴビ砂漠のこと。あるいは北海(バイカル湖)のことともいう。
  • 別 … 『全唐詩』では「到」に作り、「一作別」とある。
交河出塞流
交河こうが さいでてなが
  • 交河 … 新疆ウイグル自治区トルファンの辺りを流れる河の名。
須令外國使
すべからく外国がいこく使つかいをして
知飲月氏頭
月氏げっしこうべむをらしむべし
  • 知 … 『全唐詩』には「一作只」とある。
  • 月氏 … 中国の西域にいた民族の名。
  • 飲月氏頭 … 匈奴が月氏を破り、月氏王のしゃれこうべを酒杯にして月氏族を恐れさせたという、『史記』大宛伝にみえる故事をふまえていったもの。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行