>   漢詩   >   唐詩選   >   巻一 五言古詩   >   述懐(魏徴)

述懐(魏徴)

述懐
述懐じゅっかい
ちょう
  • 五言古詩。軒・存・門・藩・原・猿・魂・恩・言・論(平声元韻)。
  • 述懐 … 『全唐詩』には「一作出関」とある。
  • 魏徴 … 580~643。唐初の名臣。魏州曲城(現在の河北省巨鹿県)の人。あざなは玄成。最初は太子の李建成に仕えたが、玄武門の変後、太宗李世民に仕え、重用されて宰相にまでなった。『隋書』を編纂した。ウィキペディア【魏徴】参照。
中原還逐鹿
中原ちゅうげん 鹿しか
  • 中原 … 黄河中流域の中国文明発祥の地のことであるが、ここでは「天下」の意。
  • 還 … 『全唐詩』では「初」に作り、「一作還」とある。
  • 逐鹿 … 政権や地位を獲得しようとして争うこと。帝位を鹿にたとえ、群雄がこれを逐ったという、『史記』淮陰侯伝による。「鹿」は音が「禄」に通ずるところから。
投筆事戎軒
ふでとうじて戎軒じゅうけんこととす
  • 投筆 … 学問や文章の仕事を捨て、戦争に出ること。後漢の名将はんちょう(32~102)は、若いとき小役人をしていたが、ある日、男子たるものは異郷に赴いて大功を立て、諸侯の位を獲得すべきであり、こんなことはしていられないと言って筆を投げ捨てたという故事に基づく。ウィキペディア【班超】参照。
  • 事戎軒 … 「戎軒」は兵器と兵車。転じて軍人生活に従事すること。
縱横計不就
縦横じゅうおう はかりごとらざりしも
  • 縦横 … 合従連衡。「従」は縦で「南北に合する」意、「衡」は横で「東西につらなる」意。
慷慨志猶存
慷慨こうがい こころざしそんせり
  • 慷慨 … いきどおり、なげくこと。
仗策謁天子
さくいて天子てんしまみ
  • 策 … 馬のむち。
驅馬出關門
うまって関門かんもん
請纓繋南粤
えいうて南粤なんえつつな
  • 請纓 … 投降させること。纓は冠のひも。漢の終軍が長纓を請うて、南越王を服さしめた故事による。
  • 南粤 … 南越。今の広東省・広西チワン族自治区地方にあった国。前207年、秦の南海郡尉趙佗ちょうだが漢の高祖によって南越王に封ぜられたが、前111年、漢の武帝に滅ぼされた。
憑軾下東藩
しょくって 東藩とうはんくださん
  • 憑軾 … 「軾」は車の前部にさしわたしてある横木で、乗る者が手をかけたりする所。「憑」はもたれる。転じて、車に乗ったまま敵を説伏し、武力を用いずに功を立てること。
  • 東藩 … 東方の属国。藩侯。
鬱紆陟高岫
鬱紆うつう 高岫こうしゅうのぼ
  • 鬱紆 … 山道などが曲がりくねるさま。
  • 高岫 … 高い峰。「岫」は山中の岩穴。転じて深い山あいのこと。
出沒望平原
出没しゅつぼつ 平原へいげんのぞ
  • 出没 … 道の屈折に従って現れたり隠れたりすること。
古木鳴寒鳥
古木こぼく 寒鳥かんちょう
  • 鳥 … 『全唐詩』には「一作雁」とある。
空山啼夜猿
空山くうざん 夜猿やえん
  • 空山 … 人けのないさびしい山。
既傷千里目
すでせんいたましめ
  • 傷千里目 … 『楚辞』招魂第九に「目極千里兮、傷春心」(目は千里を極めて、春心を傷ましむ)とあるのに基づく。
還驚九折魂
また九折きゅうせつこんおどろかす
  • 九折魂 … 「九折」は川や坂道などが曲がりくねっていること。『楚辞』九章第四・抽思に「惟郢路之遼遠兮、魂一夕而九逝」(惟れ郢の路の遼遠なる、魂は一夕にして九逝す)とあるのに基づく。
  • 折 … 『全唐詩』には「一作逝」とある。
豈不憚艱險
艱険かんけんはばからざらんや
  • 艱険 … 山道などが険しく難儀なこと。
深懷國士恩
ふか国士こくしおんおも
  • 国士恩 … 国士として厚遇してもらった天子の恩寵。
季布無二諾
季布きふ 二諾にだく
  • 季布無二諾 … 季布は楚の人。はじめ項羽に仕えたが、のち漢の高祖に仕えた。季布は一度承諾すれば必ず実行し、前言を翻すことがなかったという故事に基づく。季布の一諾。
侯嬴重一言
侯嬴こうえい 一言いちごんおもんず
  • 侯嬴重一言 … 侯嬴は魏の人。魏の信陵君に厚遇された。信陵君に秦を倒す策略を授け、「自分は年老いて従軍できないから首をはなむけにする」といって、約束の一言を重んじ、自ら首をはねて死んだ故事に基づく。
人生感意氣
人生じんせい 意気いきかん
  • 人生感意気 … 梁の荀済「贈陰梁州詩」に「人生感意気、相知無富貴」とあるのに基づく。
功名誰復論
功名こうみょう たれろんぜん
  • 功名 … 手柄を立てて有名になること。「こうめい」とも。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行