>   故事名言   >   や行   >   用を節して人を愛す

用を節して人を愛す

ようせっしてひとあい
  • 論語 … 孔子(前552~前479)とその門弟たちの言行録。四書の一つ。十三経の一つ。二十編。儒家の中心的経典。我が国へは応神天皇の代に伝来したといわれている。ウィキペディア【論語】参照。
子曰、道千乘之國、敬事而信、節用而愛人、使民以時。
いわく、せんじょうくにおさむるには、ことけいしてしんあり、ようせっしてひとあいし、たみ使つかうにときもってす。
  • 千乗之国 … 千乗は、兵車(戦車)千台。乗は、車を数える単位。一乗は、馬四頭で引いた兵車一台のこと。兵車一乗に甲士(甲冑をつけた兵士)三人、歩卒(歩兵)七十二人がつくという。転じて、兵車千乗を出し得る大国、諸侯の国のこと。また、天子は兵車万乗を出し、卿大夫は百乗を出すという。
  • 道 … 導く。指導する。治める。「治」に同じ。
  • 事 … 政治上の事柄。政事。
  • 用 … 国の費用。
  • 使 … やくを課す。
  • 時 … 農閑期などを指す。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「学而第一5」参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
論語の名言名句