>   故事成語   >   さ行   >   速やかならんことを欲すれば則ち達せず

速やかならんことを欲すれば則ち達せず

すみやかならんことをほっすればすなわたっせず
  • 出典:『論語』子路第十三17(ウィキソース「論語/子路第十三」参照)
  • 解釈:物事を早くやり遂げようと急ぎすぎると、かえって失敗しやすいものである。いては事を仕損ずる、ということ。
  • 論語 … 孔子(前552~前479)とその門弟たちの言行録。四書の一つ。十三経の一つ。二十編。儒家の中心的経典。我が国へは応神天皇の代に伝来したといわれている。ウィキペディア【論語】参照。
子夏爲莒父宰、問政。子曰、無欲速。無見小利。欲速、則不達。見小利、則大事不成。
子夏しかきょさいり、まつりごとう。いわく、すみやかならんことをほっするかれ。しょうることかれ。すみやかならんことをほっすれば、すなわたっせず。しょうれば、すなわだいらず。
  • 子夏 … 前507?~前420?。姓はぼく、名は商、あざなは子夏。衛の人。孔子より四十四歳年少。孔門十哲のひとり。「文学には子游・子夏」といわれ、子游とともに文章・学問に優れていた。ウィキペディア【子夏】参照。
  • 莒父 … 魯国の町の名。現在の山東省きょ県。ウィキペディア【莒県】参照。
  • 宰 … ここでは代官。
  • 不達 … 行き届かない。目的に到達しない。
  • 小利 … わずかな利益。
  • 大事 … 大きな仕事。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「子路第十三17」参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
論語の名言名句