>   故事成語   >   さ行   >   創業は易く守成は難し

創業は易く守成は難し

創業そうぎょうやす守成しゅせいかた
  • 出典:『貞観政要』君道第一
  • 解釈:新しく事業を始めることよりも、その事業を維持し発展させていくことの方がいっそう難しい。
貞觀十年、太宗謂侍臣曰、帝王之業、草創與守成孰難。
貞観じょうがん十年じゅうねん太宗たいそう侍臣じしんいていわく、「帝王ていおうぎょう草創そうそう守成しゅせいと、いずれかかたき」と。
  • 業 … 事業。
  • 草創 … 国家を打ち建てること。創業に同じ。
  • 守成 … 建てた国家を守り続けること。
尚書左僕射房玄齡對曰、天地草昧、群雄競起、攻破乃降、戰勝乃尅。由此言之、草創爲難。
尚書しょうしょ僕射ぼくやぼう玄齢げんれいこたえていわく、「天地てんち草昧そうまいにして、群雄ぐんゆうきそこる、やぶりてすなわくだし、たたかちてすなわつ。れにりてこれえば、草創そうそうかたしとす」と。
  • 尚書左僕射 … 副宰相。
  • 草昧 … 物事が始まったばかりで、まだすべてに秩序のととのわない時。
  • 群雄 … 多くの英雄。
魏徴對曰、帝王之起、必承衰亂、覆彼昏狡、百姓樂推、四海歸命、天授人與。乃不爲難。然既得之後、志趣驕逸、百姓欲靜、而徭役不休、百姓凋殘、而侈務不息。國之衰弊、恆由此起。以斯而言、守成則難。
魏徴ぎちょうこたえていわく、「帝王ていおうこるや、かなら衰乱すいらんけ、昏狡こんこうくつがえし、百姓ひゃくせいすをたのしみ、四海しかいめいす。てんさずけ、ひとあたう、すなわかたしとさず。しかれどもすでたるののちは、志趣ししゅ 驕逸きょういつす。百姓ひゃくせいしずかならんとほっすれども、徭役ようえきまず。百姓ひゃくせい凋残ちょうざんすれども、侈務しむまず。くに衰弊すいへいは、つねれにりてこる。これもっえば、守成しゅせいすなわかたし」と。
  • 魏徴 … 唐初の名臣。580~643。
  • 昏狡 … 道理にくらく、悪賢い者。
  • 志趣 … 志向。
  • 驕逸 … おごり高ぶって、気ままにふるまうこと。驕佚。
  • 徭役 … 国家に対する義務として人民に課した労働。
  • 凋残 … 衰え弱る。
  • 侈務 … 帝王の贅沢な事業。
太宗曰、玄齡昔從我定天下、備嘗艱苦、出萬死而遇一生。所以見草創之難也。魏徴與我安天下、慮生驕逸之端、必踐危亡之地。所以見守成之難也。今草創之難、既已往矣。守成之難者、當思與公等愼之。
太宗たいそういわく、「玄齢げんれいは、むかしわれしたがいて天下てんかさだめ、つぶさ艱苦かんくめ、万死ばんしでて一生いっせいえり。草創そうそうかたきを所以ゆえんなり。魏徴ぎちょうは、われ天下てんかやすんじ、驕逸きょういつたんしょうぜば、かなら危亡きぼうまんことをおもんぱかる。守成しゅせいかたきを所以ゆえんなり。いま草創そうそうかたきは、すですでけり。守成しゅせいかたきは、まさ公等こうらこれつつしまんことをおもうべし」と。
  • 艱苦 … 艱難と辛苦。
  • 公等 … おまえさんたち。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ