>   故事成語   >   あ行   >   衣食足りて栄辱を知る

衣食足りて栄辱を知る

衣食いしょくりて栄辱えいじょく
  • 出典:『管子』牧民
  • 解釈:生活にゆとりができれば、自然に道徳心も生じて礼儀を知るようになる。衣食足りて礼節を知る。倉廩実ちて礼節を知る
凡有地牧民者、務在四時、守在倉廩。國多財、則遠者來、地辟舉、則民留處。倉廩實則知禮節、衣食足則知榮辱
およゆうたみぼくするものは、つと四時しじり、まも倉廩そうりんり。くにざいおおければ、すなわとおものたり、辟挙へききょすれば、すなわたみ留処りゅうしょす。倉廩そうりんちてすなわ礼節れいせつり、衣食いしょくりてすなわ栄辱えいじょくる。
  • 倉廩 … 穀物を貯蔵する倉。
  • 辟挙 … 土地が開墾されること。
  • 礼節 … 礼儀と節度。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ