>   故事成語   >   ま行   >   本立ちて道生ず

本立ちて道生ず

もとちてみちしょう
有子曰。其爲人也孝弟。而好犯上者。鮮矣。不好犯上。而好作亂者。未之有也。君子務本。本立而道生。孝弟也者。其爲仁之本與。
有子ゆうしいわく、ひとりや孝悌こうていにして、かみおかすをこのものすくなし。かみおかすことをこのまずして、らんすをこのものいまらざるなり。君子くんしもとつとむ。もとちてみちしょうず。孝悌こうていなるものじんもとるか。
  • 有子 … 孔子の門弟。姓はゆう、名はじゃく、字は子有。魯の人。孔子より13歳若い。門人で「子」と敬称を付けて呼ばれたのは、この有子と曾子そうし冉子ぜんし閔子びんしの四人だけ。
  • 為人 … 人柄。
  • 孝弟 … 親に孝行で、兄に対して柔順なこと。
  • 犯上 … 目上の人にさからう、楯突く。
  • 鮮矣 … ほとんどない。「矣」は置き字。読まない。
  • 作乱 … 秩序をみだす。争いを起こす。
  • 未之有也 … 今までにあったためしがない。「未」は「いまだ~(せ)ず」と読み、「まだ~しない」と訳す。再読文字。
  • 務本 … 物事の根本の事柄に努力する。
  • 立 … 確立する。
  • 道 … 仁に進むべき方法。
  • 生 … 自然に出てくる。
  • 其為仁之本与 … 仁の根本であろうか。「其~与」は「それ~か」と読み、「きっと~であろうよ」と訳す。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「学而第一2」参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ