>   論語   >   学而第一   >   2

学而第一 2 有子曰其爲人也孝弟章

002(01-02)
有子曰。其爲人也孝弟。而好犯上者。鮮矣。不好犯上。而好作亂者。未之有也。君子務本。本立而道生。孝弟也者。其爲仁之本與。
有子ゆうしいわく、ひとりや孝弟こうていにして、かみおかすをこのものすくなし。かみおかすことをこのまずして、らんすをこのものいまらざるなり。くんもとつとむ。もとちてみちしょうず。孝弟こうていなるものは、じんもとるか。
現代語訳
  • 有先生 ――「人がらがすなおなのに、目上にさからうものは、まずない。目上にさからわないのに、むほんをするものは、あったためしがない。土台がだいじだ。土台あっての道だ。すなおということが、人の道のはじまりだな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • ゆう先生がいわれた。――
    「家庭において、親には孝行であり、兄には従順であるような人物が、世間に出て長上に対して不遜であったためしはめったにない。長上に対して不遜でない人が、好んで社会国家の秩序をみだし、乱をおこしたというためしは絶対にないことである。古来、君子は何ごとにも根本を大切にし、まずそこに全精力を傾倒して来たものだが、それは、根本さえ把握すると、道はおのずからにしてひらけて行くものだからである。君子が到達した仁という至上の徳も、おそらく孝弟というような家庭道徳の忠実な実践にその根本があったのではあるまいか」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 有子 … 孔子の門弟。姓はゆう、名はじゃく、字は子有。魯の人。孔子より13歳若い。門人で「子」と敬称を付けて呼ばれたのは、この有子とそうぜんびんの四人だけ。
  • 為人 … 人柄。
  • 孝弟 … 親に孝行で、兄に対して柔順なこと。『義疏』では「孝悌」に作る。同義。
  • 犯上 … 目上の人にさからう、楯突く。
  • 鮮矣 … ほとんどない。「矣」は置き字。読まない。
  • 作乱 … 秩序をみだす。争いを起こす。
  • 未之有也 … 今までにあったためしがない。「未」は「いまだ~(せ)ず」と読み、「まだ~しない」と訳す。再読文字。
  • 務本 … 物事の根本の事柄に努力する。
  • 立 … 確立する。
  • 道 … 仁に進むべき方法。
  • 生 … 自然に出てくる。
  • 其為仁之本与 … 仁の根本であろうか。「其~与」は「それ~か」と読み、「きっと~であろうよ」と訳す。また、「其れ仁を為すの本か」と訓読した場合は「仁を行なう根本であろうか」と訳す。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十