>   故事名言   >   ま行   >   允に其の中を執れ

允に其の中を執れ

まことちゅう
  • 論語 … 孔子(前552~前479)とその門弟たちの言行録。四書の一つ。十三経の一つ。二十編。儒家の中心的経典。我が国へは応神天皇の代に伝来したといわれている。ウィキペディア【論語】参照。
堯曰、咨爾舜、天之暦數、在爾躬。允執其中。四海困窮、天祿永終。
ぎょういわく、ああなんじしゅんてん暦数れきすうなんじり。まことちゅうれ。かい困窮こんきゅうせば、天禄てんろくながわらん、と。
  • 堯 … 古代の伝説上の聖天子。名は放勲。舜を後継者として皇帝の位を譲った。ウィキペディア【】参照。
  • 咨 … 「ああ」と読む。感嘆詞。
  • 舜 … 古代の伝説上の聖天子。姓はよう。虞に国を建てたので虞舜、または有虞氏と呼ばれる。堯から譲位を受け皇帝となった。ウィキペディア【】参照。
  • 暦数 … 運命。天命。ここでは、天の意志による、帝位につく順序。
  • 躬 … 「身」に同じ。
  • 允 … 「まことに」と読む。誠実に。まじめに。
  • 執其中 … 中道を執り行え。中庸の政治を行え。
  • 四海 … 四方の海。転じて、天下の意。
  • 天禄 … 天から授かる幸福。天の恵み。
  • 永終 … 永遠に失われるだろう。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「堯曰第二十1」参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
論語の名言名句