>   論語   >   堯曰第二十   >   1

堯曰第二十 1 堯曰咨爾舜章

497(20-01)
堯曰。咨爾舜。天之暦數在爾躬。允執其中。四海困窮。天禄永終。
舜亦以命禹。
曰。予小子履。敢用玄牡。敢昭告于皇皇后帝。有罪不敢赦。帝臣不蔽。簡在帝心。朕躬有罪。無以萬方。萬方有罪。罪在朕躬。
周有大賚。善人是富。雖有周親。不如仁人。百姓有過。在予一人。
謹權量。審法度。脩廢官。四方之政行焉。興滅國。繼絶世。舉逸民。天下之民歸心焉。
所重民食喪祭。
寛則得衆。信則民任焉。敏則有功。公則説。
ぎょういわく、ああなんじしゅんてん暦数れきすうなんじり。まことちゅうれ。かい困窮こんきゅうせば、天禄てんろくながわらんと。
しゅんもっめいず。
いわく、われしょうあえ玄牡げんぼもちいて、あえあきらかに皇皇こうこうたる后帝こうていぐ。つみるはあえゆるさず。帝臣ていしんおおわず。えらぶことていこころり。つみらば、万方ばんぽうもってするかれ。万方ばんぽうつみらば、つみりと。
しゅう大賚たいらいり。善人ぜんにんめり。しゅうしんりといえども、仁人じんじんかず。ひゃくせいあやまらば、われ一人いちにんり。
権量けんりょうつつしみ、法度ほうどつまびらかにし、廃官はいかんおさむれば、ほうまつりごとおこなわれん。滅国めっこくおこし、絶世ぜっせいぎ、逸民いつみんぐれば、てんたみこころす。
おもんずるところたみしょくそうさいなり。
かんなればすなわしゅうしんなればすなわたみにんず。びんなればすなわこうり、こうなればすなわよろこぶ。
現代語訳
  • 堯(ギョウ)帝 ――「これ、舜(シュン)よ。天のさだめた、そなたの身。ほどをこそ守れ。国おちぶれては、天も見はなす。」舜帝もそう(夏の)禹(ウ)王に教えた。(商の湯王のことば)――「ふつつか者の履(リ)、黒牛をそなえ、天の大神に申したてまつる。罪びと(夏の暴君桀王ら)は、許さず。神のしもべはかくさず、みこころのままに選ぶ。(諸侯にむかい ――)この身に罪あるも、諸国にかかわらず。諸国に罪あれば、この身を罪されよ。」周(の時代)は大いにめぐまれて、よい人たちがことに栄えた。「身うちの人よりも、なさけの人がまし。民もしとがあれば、この身を責めたまえ。」(「書経、周書」のことば。)目かたやマスをごまかさず、世のしきたりをよくしらべ、すたれた役をもとにもどせば、国の政治が立ちなおる。ほろびた国をおこし、絶えた家をつがせ、かくれた人をとり立てれば、世の人民が心をよせる。だいじなことは、民の食糧、とむらい、祭り。ゆとりがあれば人がなつき、まごころつくせば民がたよる。まめまめしければ事がはかどり、かたよらなければよろこばれる。魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 堯帝が天子の位を舜帝に譲られたとき、いわれた。――
    「ああ、汝、舜よ。天命いまや汝の身に下って、ここに汝に帝位をゆずる。よく中道をふんで政を行なえ。もし天下万民を困窮せしめることがあれば、天の恵みは永久に汝の身を去るであろう」
    舜帝が王に位を譲られるときにも、同じ言葉をもってせられた。
    けつ王にいたって無道であったため、いんとう王がこれをうち、天命をうけて天子となったが、その時、湯王は天帝に告げていわれた。――
    「小さき者、、つつしんで黒き牡牛をいけにえにして、あえて至高至大なる天帝にことあげいたします。私はみ旨を奉じ万民の苦悩を救わんがために、天帝に罪を得た者を誅しました。天帝のみ心に叶う臣下はすべてその徳がおおわれないよういたしたいと思います。私は天帝のみ心のまにまに私の進むべき道を選ぶのみであります」
    さらに諸侯に告げていわれた。――
    「もしわが身に罪あらば、それはわれひとりの罪であって、万民の罪ではない。もし万民に罪あらば、それは万民の罪でなくて、われひとりの罪である」
    いんちゅう王にいたって無道であったため、周の武王がこれをうち、天命をうけて天子となったが、その時、武王は天帝に誓っていわれた。――
    「周に下された大きな御賜物を感謝いたします。周にはなんと善人が多いことでございましょう。いかに親しい身内のものがおりましょうとも、仁人の多きには及びませぬ。かように仁人に恵まれて、なおひゃくせいに罪がありますならば、それは私ひとりの罪でございます」
    武王はこうして、度量衡を厳正にし、礼楽制度をととのえ、すたれた官職を復活して、四方の政治に治績をあげられた。また、滅亡した国を復興し、断絶した家を再建し、野にあった賢者を挙用して、天下の民心を帰服せしめられた。とりわけ重んじられたのは、民の食と喪と祭とであった。
    このように、君たる者が寛大であれば衆望を得、信実であれば民は信頼し、勤敏であれば功績があがり、公正であれば民は悦ぶ。これが政治の要道であり、堯帝・舜帝・禹王・湯王・武王の残された道である。(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 堯 … 古代の伝説上の聖天子。名は放勲。舜を後継者として皇帝の位を譲った。ウィキペディア【】参照。
  • 舜 … 古代の伝説上の聖天子。堯から譲位を受け皇帝となった。ウィキペディア【】参照。
余説
  • 罪在朕躬 … 『義疏』には「罪」の字なし。
  • 四方之政行焉 … 『義疏』では「四方之政行矣」に作る。
  • 信則民任焉 … 『義疏』にはこの句なし。
  • 公 … 宮崎市定は「惠」に改めている。詳しくは『論語の新研究』88頁以下参照。
  • 公則説 … 『義疏』では「公則民説」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十