>   故事成語   >   あ行   >   佚を以て労を待つ

佚を以て労を待つ

いつもっろう
〔孫子、軍争〕
以治待亂、以靜待譁。此治心者也。以近待遠、以佚待勞、以飽待饑。此治力者也。
もっらんち、しずかなるをもっかまびすしきをつ。こころおさむるものなり。ちかきをもっとおきをち、いつもっろうち、ほうもっつ。ちからおさむるものなり。
  • 佚 … やすんじること。
  • 労 … 苦労すること。疲労すること。
  • 飽 … 食糧が十分あること。
  • 饑 … 食糧が不足すること。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ