>   故事成語   >   あ行   >   一網打尽

一網打尽

一網いちもう打尽だじん
  • 出典:『宋史』范純仁伝、『十八史略』宋・仁宗
  • 解釈:一度打った網で魚をすべて捕らえる。転じて、一度に敵や犯人をすべて捕らえること。
〔十八史略、宋、仁宗〕
御史中丞王拱辰、素不便衍等所爲。因攻其事。置獄得罪者數人。拱辰喜曰、吾一網打矣。
御史ぎょし中丞ちゅうじょう王拱辰おうきょうしんもとよりえんところ便べんとせず。ってことむ。ごくいてつみもの数人すうにんなり。拱辰きょうしんよろこんでいわく、われ一網いちもうくせり、と。
  • 御史中丞 … 御史台の次官。
  • 衍 … 杜衍。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ