>   故事成語   >   た行   >   朝三暮四

朝三暮四

朝三ちょうさん暮四ぼし
  • 出典:『列子』黄帝、『荘子』斉物論
  • 解釈:目の前の相違にとらわれて、結果が同じになることに気づかないこと。
〔列子、黄帝〕
宋有狙公者。愛狙養之成群。能解狙之意、狙亦得公之心。損其家口、充狙之欲。俄而匱焉。將限其食、恐衆狙之不馴於己也。
そう狙公そこうなるものり。あいこれやしないてむれす。かいし、こうこころたり。家口かこうそんして、よくたせり。にわかにしてとぼし。まさしょくかぎらんとし、衆狙しゅうそおのれれざらんことをおそる。
  • 狙公 … 猿を飼う者。
  • 狙 … 猿。
  • 家口 … 家族の食いぶちとしての食糧の分量。
先誑之曰、與若芧、朝三而暮四、足乎。衆狙皆起而怒。俄而曰、與若芧、朝四而暮三、足乎。衆狙皆伏而喜。
これあざむきていわく、なんじとちあたうるに、あささんにしてくれにせん、るか、と。衆狙しゅうそちていかる。にわかにしていわく、なんじとちあたうるに、あさにしてくれさんにせん、るか、と。衆狙しゅうそしてよろこべり。
  • 芧 … とちの実。どんぐりの一種。
  • 衆狙 … おおぜいの猿。
  • 伏 … ひれ伏す。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ