>   故事成語   >   あ行   >   燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

燕雀えんじゃくいずくんぞ鴻鵠こうこくこころざしらんや
  • 出典:『史記』陳渉世家
  • 解釈:小人物には大人物の考えや志がわからないというたとえ。
陳渉少時、嘗與人傭耕。輟耕之壟上、悵恨久之、曰、苟富貴無相忘。
陳渉ちんしょうわかときかつひととも傭耕ようこうす。こうめて壟上ろうじょうき、悵恨ちょうこんすることこれひさしくして、いわく、富貴ふうきなりとも、あいわするることからん、と。
  • 陳渉 … 陳勝。農民反乱の指導者。陽城の人。あざなは渉。秦に対し反乱を起こし、秦を滅亡させるさきがけをなした。
  • 傭耕 … 人に雇われて農耕する。
  • 壟上 … 小高い丘の上。
  • 悵恨 … なげきうらむ。
庸者笑而應曰、若為庸耕。何富貴也。
庸者ようしゃわらってこたえていわく、なんじ庸耕ようこうす。なん富貴ふうきならんや、と。
  • 庸者 … 雇い主。
陳渉太息曰、嗟乎、燕雀安知鴻鵠之志哉
陳渉ちんしょう太息たいそくしていわく、嗟乎ああ燕雀えんじゃくいずくんぞ鴻鵠こうこくこころざしらんや、と。
  • 太息 … ため息をつく。
  • 燕雀 … ツバメやスズメのような小さい鳥。転じて度量の小さい人。小人物。
  • 鴻鵠 … 大きな鳥。転じて大人物。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ