>   故事成語   >   か行   >   虎視眈眈

虎視眈眈

虎視こし眈眈たんたん
  • 出典:『易経』頤卦
  • 解釈:虎が鋭い目つきで獲物を狙っているように、ひそかに機会をねらっている様子。
六四、顚頤。吉。虎視眈眈、其欲逐逐。無咎。
六四りくしさかしまやしなわる。きつ虎視こし眈眈たんたんたり、よく逐逐ちくちくたり。とがし。
  • 顚頤 … 上位者が下位者に養ってもらう。
  • 逐逐 … どこまでも物を追求するさま。
象曰、顚頤之吉、上施光也。
しょういわく、「さかしまやしなわるのきつ」なるは、かみほどこおおいなればなり。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ