>   故事成語   >   か行   >   鶏口となるも牛後となるなかれ

鶏口となるも牛後となるなかれ

鶏口けいこうとなるも牛後ぎゅうごとなるなかれ
  • 出典:『史記』蘇秦列伝、『十八史略』春秋戦国・趙
  • 解釈:大きな団体の属員になるよりは、小さな団体でもその長になるほうがよい。鶏口牛後。
〔史記、蘇秦列伝〕
臣聞鄙諺曰、寧爲雞口、無爲牛後。今西面交臂而臣事秦、何異於牛後乎。夫以大王之賢、挾彊韓之兵、而有牛後之名、臣竊爲大王羞之。
しんく、鄙諺ひげんいわく、むし鶏口けいこうるとも、牛後ぎゅうごかれ、と。いま西面せいめんし、ひじまじえてしん臣事しんじするは、なん牛後ぎゅうごことならんや。大王だいおうけんもって、彊韓きょうかんへいさしはさみて、しか牛後ぎゅうごるは、しんひそかに大王だいおうためこれず、と。
  • 鄙諺 … 世間で用いられていることわざ。
  • 臣事 … 臣下として仕えること。
  • 彊韓 … 強い韓。
〔十八史略、春秋戦国、趙〕
秦人恐喝諸侯求割地。有洛陽人蘇秦、游説秦惠王不用。乃往説燕文侯、與趙從親。燕資之、以至趙。説肅侯曰、諸侯之卒、十倍於秦。幷力西向、秦必破矣。爲大王計、莫若六國從親以擯秦。肅侯乃資之、以約諸侯。蘇秦以鄙諺説諸侯曰、寧爲雞口、無爲牛後。於是六國從合。
秦人しんひと諸侯しょこう恐喝きょうかつしてかんことをもとむ。洛陽らくようひと蘇秦そしんというものり、しん恵王けいおう游説ゆうぜいしてもちいられず。すなわいてえん文侯ぶんこうき、ちょう従親しょうしんせしむ。えんこれし、もっちょういたらしむ。粛侯しゅくこういていわく、諸侯しょこうそつしん十倍じゅうばいせり。ちからあわせて西にしむかわば、しんかならやぶれん。大王だいおうためはかるに、六国りくこく従親しょうしんしてもっしんしりぞくるにくはし、と。粛侯しゅくこうすなわこれし、もっ諸侯しょこうやくせしむ。蘇秦そしん鄙諺ひげんもっ諸侯しょこういていわく、むし鶏口けいこうるとも、牛後ぎゅうごかれ、と。ここおい六国りくこく従合しょうごうす。
  • 従親 … 合従(南北の国の連合)して、親密にすること。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ