>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七絶   >   春行寄興(李華)

春行寄興(李華)

春行寄興
しゅんこう きょう
李華りか
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻七、『全唐詩』巻一百五十三、『唐詩品彙』巻四十八、趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻十二(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)、『古今詩刪』巻二十二(寛保三年刊、『和刻本漢詩集成 総集篇9』所収、60頁)、他
  • 七言絶句。萋・西・啼(平声齊韻)。
  • ウィキソース「春行寄興」参照。
  • 春行 … 春の行楽。
  • 寄興 … 感興を詩に託して述べる。興は、感興。寄は、『説文解字』巻七下、宀部に「託するなり」(託也)とある。ウィキソース「說文解字/07」参照。
  • この詩は、春の日に行楽して、心に沸き起こったその感興を詩に託して述べたもの。
  • 李華 … 715?~766。盛唐の詩人。趙州賛皇さんこう県(河北省)の人。あざなしゅく。開元二十三年(735)、進士に及第。天宝十一載(752)、監察御史となったが、権臣楊国忠に逆らい、右補闕に左遷された。安禄山の乱の後は杭州司戸参軍に左遷されたが、辞職して江南に隠退した。肅宗の上元年間(760~761)、左補闕・司封員外郎に召されたが辞退した。晩年は山陽(江蘇省淮安市)に隠棲し、子弟を育成しながら農耕に従事した。蕭穎士の友人。散文の名手で「古戦場を弔う文」は名文として有名。ウィキペディア【李華】参照。
宜陽城下草萋萋
ようじょう くさ萋萋せいせいたり
  • 宜陽 … 河南省宜陽県。洛陽の西南に当たる。ウィキペディア【宜陽県】参照。
  • 城下 … 城壁の外。町の郊外。
  • 草 … 若草。『万首唐人絶句』では「艸」に作る。同義。
  • 萋萋 … 草が盛んに茂っているさま。『詩経』周南・葛覃かつたんの詩に「くずびて、ちゅうこくうつる、萋萋せいせいたり」(葛之覃兮、施于中谷、維葉萋萋)とある。ウィキソース「詩經/葛覃」参照。また『楚辞』招隠士にも「王孫おうそんあそんでかえらず、しゅんそうしょうじて萋萋せいせいたり」(王孫遊兮不歸、春草生兮萋萋)とある。ウィキソース「楚辭/招隱士」参照。
澗水東流復向西
澗水かんすいひがしながれて西にしむか
  • 澗水 … 谷川の水。『詩経』召南・采蘩さいはんの詩に「ここもっはんる、かんうちに」(于以采蘩、于澗之中)とあり、その毛伝に「やまみずはさむをかんう」(山夾水曰澗)とある。『毛詩』巻一(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また劉琨の「ふう」(『文選』巻二十八)に「烈烈れつれつとしてふうおこり、泠泠れいれいとして澗水かんすいながる」(烈烈悲風起、泠泠澗水流)とある。ウィキソース「扶風歌」参照。
  • 復向西 … 途中で折れ曲がり、また西へ流れていく。
芳樹無人花自落
芳樹ほうじゅひとく はなおのずから
  • 芳樹 … 芳しい花の咲いている春の木。阮籍の「詠懐詩十七首 の十三」(『文選』巻二十三)に「芳樹ほうじゅりょくようれ、清雲せいうんおのずから逶迤いいたり」(芳樹垂綠葉、清雲自逶迤)とある。ウィキソース「詠懷詩十七首」参照。
  • 無人 … 見る人もなく。
  • 花自落 … 花は独りでにはらはらと散っている。
春山一路鳥空啼
しゅんざんいち とりむなしく
  • 春山 … 春の山道。
  • 一路 … 一すじに。
  • 鳥空啼 … 聞く人もないのに鳥が空しく鳴いている。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行