>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   西施石(楼穎)

西施石(楼穎)

西施石
西施石せいしせき
楼穎ろうえい
  • 七言絶句。津・人・春(平声真韻)。
  • 西施石 … 西施が郷里にいたとき、谷川でうすぎぬを洗ったときに使った石。
西施昔日浣紗津
西施せいし 昔日せきじつ 浣紗かんさしん
  • 西施 … 春秋時代のえつの美女。越王勾践こうせんが呉に敗れたのち呉王夫差のもとに送られ、夫差は彼女におぼれて国を亡ぼした。
  • 浣紗 … 「浣」は洗うこと。うすぎぬを洗う。
  • 津 … 渡し場。
石上青苔思殺人
石上せきじょう青苔せいたい ひと思殺しさつ
  • 思殺 … 深く思うこと。「殺」は動詞のあとにつけ、意味を強める接尾辞。
一去姑蘇不復返
ひとたび姑蘇こそってかえらず
  • 姑蘇 … 呉王夫差の都。今の江蘇省蘇州市。
岸傍桃李爲誰春
岸傍がんぼうとう ためにかはるなる
  • 桃李 … ももと、すもも。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行