>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   西宮春怨(王昌齢)

西宮春怨(王昌齢)

西宮春怨
西せいきゅうしゅんえん
おうしょうれい
  • 七言絶句。香・長・陽(平声陽韻)。
  • 西宮春怨 … 『文苑英華』では「西宮秋(一作愁)怨二首 其二」に作る。
  • 王昌齢 … 698~755。盛唐の詩人。京兆(陝西省西安市)の人。あざなは少伯。開元十五年(727)、進士に及第。秘書省の校書郎に任ぜられたが、素行が悪かったため、竜標(湖南省黔陽けんよう)の尉に左遷された。のちに安禄山の乱が起こったので故郷に逃げ帰ったが、刺史のりょ丘暁きゅうぎょうに殺されたという。李白とともに七言絶句の名手として有名。また、高適・岑参とともに辺塞詩人のひとりに数えられる。『王昌齢詩集』がある。ウィキペディア【王昌齢】参照。
西宮夜靜百花香
西せいきゅう よるしずかにして ひゃっかんば
  • 西 … 『全唐詩』には「一作空」とある。
欲捲朱簾春恨長
珠簾しゅれんかんとほっすれば しゅんこんなが
  • 捲 … 『文苑英華』等では「卷」に作る。
  • 朱 … 『唐詩選』以外の諸本では「珠」に作る。
斜抱雲和深見月
ななめにうんいだいて ふかつきれば
  • 深 … 『全唐詩』には「一作渾」とある。
朧朧樹色隱昭陽
朧朧ろうろうたるじゅしょく しょうようかく
  • 朧朧 … 『全唐詩』では「朦朧」に作り、「一作朧」とある。
  • 隱 … 『全唐詩』には「一作隔」とある。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行