>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   涼州詞(王之渙)

涼州詞(王之渙)

涼州詞涼州りょうしゅう
おうかん     
  • 七言絶句。間・山・関(平声刪韻)。
  • 『全唐詩』巻18、巻253所収。『唐詩三百首』七言絶句所収。ウィキソース「涼州詞二首 其一 (王之渙)」参照。
  • 涼州詞 … 涼州地方の楽府の歌辞。辺境の地に出征した兵士の心情を詠じたもの。「涼州」は、現在の甘粛省武威市。『唐詩三百首』、『樂府詩集』、『文苑英華』巻197では「出塞」、『文苑英華』巻299では「涼州」に作る。
  • 王之渙 … 688~742。盛唐の詩人。へいしゅう(山西省太原)の人。あざなりょう。辺境の風物を詠じた辺塞へんさい詩人として有名。ウィキペディア【王之渙】参照。
黄河遠上白雲閒
こう とおのぼる 白雲はくうんかん
  • 『國秀集』(『四部叢刊 初篇集部』所収)および『文苑英華』巻299(中華書局)ではこの句と次の句(一片孤城萬仞山)とが逆になっている。
  • 黄河遠上 … 黄河をはるか遠くまでさかのぼって行く。しかし、黄河は涼州地方からまったく見えないので、「黄沙」が正しいとする説もある。『全唐詩』巻18では「黄沙直上」に作り、「集作河遠」との注がある。『全唐詩』巻253には「一本次句為第一句、黄河遠上作黄沙直上」との注がある。
  • 白雲間 … 白雲のたなびく辺りまで。
一片孤城萬仞山
一片いっぺんじょう 万仞ばんじんやま
  • 一片 … ぽつんと一つの。
  • 孤城 … 城塞。
  • 万仞 … 山などが非常に高いこと。一仞は七尺(もしくは八尺)。「仞」は「仭」に作るテキストもある。異体字。
羌笛何須怨楊柳
きょうてき なんもちいん ようりゅううらむを
  • 羌笛 … 羌族が吹く笛のこと。羌族はチベット系異民族。
  • 何須 … どうして~する必要があろうか、いやその必要はない。反語。
  • 楊柳 … 笛の曲名。折楊柳。別れのときに吹く。
  • 怨 … 別れを怨む。「折楊柳」を怨めしげに吹く。
春光不度玉門關
しゅんこう わたらず ぎょくもんかん
  • 春光 … (柳を芽吹かせる)春の光。
  • 光 … 『唐詩三百首』では「風」に作る。
  • 不度 … (玉門関を)渡ってこない。越えてこない。
  • 玉門関 … 関所の名。甘粛かんしゅく敦煌とんこうの西にあった。ウィキペディア【玉門関】参照。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行