>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   送梁六(張説)

送梁六(張説)

送梁六りょうろくおくる)
ちょうえつ     
  • 七言絶句。秋・浮・悠(平声尤韻)。
  • 『全唐詩』巻89所収。ウィキソース「送梁六自洞庭山作」参照。
  • 送梁六 … 『全唐詩』では「送梁六自洞庭山作」に作る。
  • 梁六 … 梁知微ちび。梁は姓。六は排行。たんしゅう(湖南省ちょう市)の刺史(地方長官)となった人物。
  • この詩は従来から、梁六が神仙の道を求めて君山に隠棲するのを送った詩と解釈されてきた。しかし、平野彦次郎『唐詩選研究』(明徳出版社、昭和49年)では「梁六は栄転して長安の都に帰るのであって、洞庭に帰隠するのではない」と指摘している。
  • 張説 … 667~730。初唐の詩人、政治家。あざな道済どうさい、またはえつ。洛陽(河南省)の人。中書令などを歴任し、えん国公に封ぜられた。ウィキペディア【張説】参照。
巴陵一望洞庭秋
りょう一望いちぼうす 洞庭どうていあき
  • 巴陵 … 岳州(今の湖南省岳陽市)の西南にある丘。下は洞庭湖に臨む。
  • 一望 … ひと目で見渡す。眺め渡す。
  • 洞庭 … 洞庭湖。湖南省北部にある。ウィキペディア【洞庭湖】参照。
  • 秋 … 秋景色。
日見孤峯水上浮
る ほうすいじょううかぶを
  • 日見 … 日ごと見えているのは。日ごと目にするのは。
  • 孤峰 … 洞庭湖の中にただ一つ浮かぶ島、君山くんざんのこと。ここでは都長安に喩えている。
  • 水上 … 湖水の上。
聞道神仙不可接
くならく 神仙しんせんせっすべからずと
  • 聞道 … 「きくならく」と読み、「聞くところによれば」「人の話によると」と訳す。「聞説」とも書く。
  • 神仙 … 神様や仙人。君山には洞庭湖の女神が住むといわれる。ここでは皇帝に喩えている。
  • 不可接 … 近づくことができない。梁六が長安に帰るのに対し、作者は長安に帰れず、皇帝にもお目にかかれないことを喩えている。
心隨湖水共悠悠
こころすいしたがってとも悠悠ゆうゆうたり
  • 悠悠 … 長くゆったりと続くさま。尽きることがない。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行