>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   蜀道後期(張説)

蜀道後期(張説)

蜀道後期
しょくどうにておくる)
ちょうえつ     
  • 五言絶句。程・城(平声庚韻)。
  • 『全唐詩』巻89所収。ウィキソース「蜀道後期」参照。
  • 蜀道 … 蜀の桟道。都の長安から蜀(四川省)へ通じる険しい山道。
  • 後期 … 期日に遅れること。作者は使命を帯びて蜀へ出張し、秋には洛陽に帰る予定だったが、何かの理由で予定の期日に遅れた。
  • 張説 … 667~730。初唐の詩人、政治家。あざな道済どうさい、またはえつ。洛陽(河南省)の人。中書令などを歴任し、えん国公に封ぜられた。ウィキペディア【張説】参照。
客心爭日月
客心かくしん 日月じつげつあらそ
  • 客心 … 旅人の心。旅先での心。
  • 争日月 … 「日月」を太陽・月の運行の意とした場合、日月を競争相手とし、「日月の流れと速さを競う。日月の速さに負けまいと先を急ぐ」と訳す。また、「日月」を時間(光陰)の意とした場合、「日月を争う」と読み、「時間を惜しんで先を急ぐ」と訳す。
來往預期程
来往らいおう あらかじてい
  • 来往 … 行ったり来たりすること。往復。
  • 預 … 「あらかじめ」と読む。あらかじめ。前もって。「予」と同じ。
  • 期程 … 日程を立てる。
秋風不相待
しゅうふう あいまず
  • 秋風 … 秋風は西から吹いてくる。蜀の方から洛陽へ吹く。
  • 不相待 … 私を待ってくれない。
先至洛陽城
いたる 洛陽らくようじょう
  • 先至 … 一足先に(洛陽の町へ)着いてしまった。
  • 洛陽城 … 洛陽の町。「城」は町全体を囲む城壁。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行