>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   恩勅麗正殿書院賜宴応制得林字(張説)

恩勅麗正殿書院賜宴応制得林字(張説)

恩勅麗正殿書院賜宴應制得林字
恩勅おんちょくありて麗正殿れいせいでん書院しょいんにてえんたまい、応制おうせい りんたり)
ちょうえつ
  • 五言律詩。林・心・深・音(平声侵韻)。
  • 麗正殿書院 … 宮中にあった学問所。
  • 応制 … 天子の命令によって詩文をつくること。
  • 得林字 … 韻字をくじ引きで分けて作らせた。林の字にあたった。
  • 恩勅麗正殿書院賜宴應制得林字 … 『全唐詩』では「恩制賜食於麗正殿書院宴賦得林字」に作る。
  • 張説 … 667~730。初唐の詩人、政治家。あざな道済どうさい、またはえつ。洛陽(河南省)の人。中書令などを歴任し、えん国公に封ぜられた。ウィキペディア【張説】参照。
東壁圖書府
東壁とうへき 図書としょ
  • 東壁 … 文章をつかさどる星の名。二十八宿の一つ。
西園翰墨林
西園さいえん 翰墨かんぼくりん
  • 西園 … 魏の曹植が鄴に築いた庭園の名。
  • 園 … 『全唐詩』には「一作垣」とある。
  • 翰墨 … 筆と墨。文学のこと。
誦詩聞國政
しょうしては国政こくせい
  • 詩 … 詩経。
講易見天心
えきこうじては天心てんしん
  • 易 … 易経。
  • 天心 … 天の本質。
位竊和羹重
くらい和羹わこうおもきをぬす
  • 和羹 … ここでは、君主を補佐して政務を上手に司る宰相。
恩叨醉酒深
おん酔酒すいしゅふかきをみだりにす
載歌春興曲
すなわ春興しゅんきょうきょくうたわん
  • 載 … 『全唐詩』では「緩」に作り、「一作載」とある。
  • 春興曲 … 春の感興をこめた曲。
情竭爲知音
じょうくるは知音ちいんためなり
  • 知音 … 自分の本心を正しく理解してくれている友。ここでは玄宗を指す。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行