>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   幽州夜飲(張説)

幽州夜飲(張説)

幽州夜飮
幽州ゆうしゅう夜飲やいん
ちょうえつ
  • 五言律詩。林・心・音・深(平声侵韻)。
  • 幽州 … 今の北京の西南、涿県のあたり。
  • 張説 … 667~730。初唐の詩人、政治家。あざな道済どうさい、またはえつ。洛陽(河南省)の人。中書令などを歴任し、えん国公に封ぜられた。ウィキペディア【張説】参照。
涼風吹夜雨
涼風りょうふう 夜雨やう
  • 涼風 … ここでは「すずしい風」ではなく、つめたい風。
蕭瑟動寒林
蕭瑟しょうしつとして寒林かんりんうごかす
  • 蕭瑟 … ものさびしいさま。
  • 寒林 … 葉が落ちて寒々とした冬の林。
正有高堂宴
まさ高堂こうどうえん
  • 高堂 … 高い座敷。
能忘遲暮心
遅暮ちぼこころわす
  • 遅暮心 … ここでは、左遷され朝廷で活躍できず、次第に老い衰えてしまったことを悲しむ心。
軍中宜劍舞
軍中ぐんちゅうよろしく剣舞けんぶすべし
塞上重笳音
さいじょう 笳音かいんおもんず
  • 笳音 … 胡笳の音。胡笳はあしの葉を巻いて作った笛で、悲しい音色を出す。
不作邊城將
辺城へんじょうしょうらずんば
  • 辺城 … 辺境の町。
誰知恩遇深
たれ恩遇おんぐうふかきをらん
  • 恩遇 … みかどの恩寵。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行