>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   汾上驚秋(蘇頲)

汾上驚秋(蘇頲)

汾上驚秋ふんじょうにてあきおどろく)
てい     
  • 五言絶句。雲・汾・聞(平声文韻)。
  • 『全唐詩』巻74所収。ウィキソース「汾上驚秋」参照。
  • 汾上 … 汾水のほとり。汾水は山西省寧武県の西南に源を発し、黄河に注ぐ川。「上」は、ほとり。汾水はその昔、漢の武帝が船を浮かべて遊び、「秋風起りて白雲飛び、草木ばみ落ちてかり南に帰る。蘭にはな有り菊にかおり有り、佳人を懐いて忘るる能はず。楼船をうかべてふんわたり、中流に横わりて素波そはぐ。しょう鳴りてとうを発す。歓楽極りて哀情多し。少壮幾時いくときぞ老いをかんせん」という「秋風の辞」を作った川として有名。
  • 驚秋 … もう秋になったかとハッと驚く。秋の気配の訪れにハッと胸をつかれる。
  • この詩は、作者が「秋風の辞」を思い浮かべながら作ったものと考えられる。
  • 蘇頲 … 670~727。初唐の詩人。ようしゅうこう(陝西省武功県)の人。あざな廷碩ていせき。監察御史などの官職を歴任後、開元四年(716)に宰相となった。ウィキペディア【蘇テイ】参照。
北風吹白雲
北風ほくふう 白雲はくうん
  • 北風 … 北から吹いてくる冷たい風。平野彦次郎『唐詩選研究』(明徳出版社、昭和49年)では「四時の風は、春は東風、夏は南風、秋は西風、冬は北風というのが普通である。しかしこの詩では、秋の風を特に北風といっている。語調の関係であろう」と言っている。
  • 白雲 … 白い雲。漢の武帝「秋風の辞」の「秋風起りて白雲飛ぶ」とあるのに基づく。
  • 吹 … 吹きとばす。
萬里渡河汾
ばん ふんわた
  • 万里 … 都から遠く離れた旅の途中にあること。
  • 河汾 … 元は黄河と汾水のことであるが、ここでは「秋風の辞」にある汾河を指す。汾水の別名。押韻の都合で汾河を逆にしている。
心緒逢搖落
心緒しんしょ 揺落ようらく
  • 心緒 … 心の糸。心の動き。情緒。「緒」は糸のはし。
  • 揺落 … 落葉が揺れながら落ちること。
秋聲不可聞
しゅうせい くべからず
  • 秋声 … 秋の物音。風の音や、木の葉の落ちる音。
  • 不可聞 … 物寂しくて、聞くに堪えない。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行