>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   照鏡見白髪(張九齢)

照鏡見白髪(張九齢)

照鏡見白髮
かがみらして白髪はくはつる)
ちょうきゅうれい     
  • 五言絶句。年・憐(平声先韻)。
  • 『全唐詩』『全唐詩逸』未収録。陳尚君輯校『全唐詩補編 上』(中華書局、1992年)所収。
  • 照鏡見白髪 … 『曲江張先生集』(四部叢刊本)では「照鏡見白髪聯句」に作る。
  • 照鏡 … 鏡に顔を映して見ること。鏡は今日の鏡と違い、銅鏡(唐鏡)。
  • 張九齢 … 673~740。初唐の詩人。あざな寿じゅ韶州しょうしゅうきょっこう(広東省)の人。玄宗に仕えたが、りん讒言ざんげんによりけいしゅう(湖北省江陵)に長史(副官)として左遷された。『曲江張先生集』二十巻がある。ウィキペディア【張九齢】参照。
宿昔青雲志
宿昔しゅくせき 青雲せいうんこころざし
  • 宿昔 … ずっと昔。以前。釈大典『唐詩解頤』では「夙昔」に作る。同義。
  • 青雲志 … 立身出世しようとする志。
蹉跎白髮年
蹉跎さたたり 白髪はくはつとし
  • 蹉跎 … つまずいて、思いどおりにならないこと。時機を失すること。
  • 白髪年 … 白髪の生える年になってしまった。
誰知明鏡裏
たれらん めいきょううち
  • 誰知 … 誰が思い至ったであろう(いや誰も思い至らない)。反語。
  • 明鏡 … 曇りがない鏡。
  • 裏 … うち。中。「うら」ではない。
形影自相憐
形影けいえい みずかあいあわれまんとは
  • 形影 … 自分の(衰えた)身体と、鏡に映った(衰えた)姿。
  • 自 … 自分自身で。自分同士で。「おのずから」と読んだ場合は「自然に」の意となる。
  • 相憐 … 互いに憐れみ合う。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行