>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   長寧公主東荘侍宴(李嶠)

長寧公主東荘侍宴(李嶠)

長寧公主東荘侍宴長寧公主ちょうねいこうしゅ東荘とうそうにてえんす)
きょう     
  • 五言律詩。霄・調・遙・鑣(平声蕭韻)。
  • 長寧公主 … 中宗の皇女。楊慎に降嫁し、洛陽と長安にそれぞれ大邸宅を構えた。
  • 東荘 … 長寧公主の別荘。長安の東側にあった。
  • 長寧公主東荘侍宴 … 『全唐詩』では「侍宴長寧公主東莊應制」に作る。
  • 李嶠 … 645~714。初唐の宮廷詩人。趙州ちょうしゅう賛皇さんこう(河北省石家荘市)の人。あざなは巨山。麟徳元(664)年、進士に及第。則天武后のとき、監察御史から同鳳閣鸞台平章事(宰相)となったが、玄宗の即位とともに、州(安徽省合肥市)別駕に左遷された。杜審言、崔融、蘇味道とともに「文章四友」と呼ばれる。『李嶠雑詠』二巻が残っている。
別業臨青甸
べつぎょう 青甸せいでんのぞ
  • 別業 … 別荘。
  • 青甸 … 青は五行で東方の色。甸は周代の制度でいう畿内の地。ここでは皇居の東側を指す。
鳴鑾降紫霄
鳴鑾めいらん 紫霄ししょうよりくだ
  • 鳴鑾 … 天子の車につける鈴。転じて、天子の乗物。
  • 紫霄 … 「霄」は空。宮中を指す。
長筵鵷鷺集
長筵ちょうえん 鵷鷺えんろあつまり
  • 長筵 … 盛大な宴席。
  • 鵷鷺 … 鵷は鳳凰の類。鷺はサギ。百官の班列に喩える。
仙管鳳皇調
仙管せんかん 鳳皇ほうおう調ととの
  • 仙管 … 仙人の吹く笛。管は簫。
樹接南山近
じゅ南山なんざんせっしてちか
  • 南山 … 終南山。現在の陝西省西安市の南にある。
烟含北渚遙
けむり北渚ほくしょふくみてはるかなり
  • 北渚 … 北岸。
承恩咸已醉
おんけてみなすでうも
  • 恩 … 天子の恩。
戀賞未還鑣
恋賞れんしょう いまくつわかえさず
  • 恋賞 … 風景をめでる。
  • 鑣 … 馬の口にふくませ、たづなをとりつける馬具。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行