>   漢詩   >   歴代詩選:中唐   >   舟中読元九詩(白居易)

舟中読元九詩(白居易)

舟中讀元九詩
舟中しゅうちゅうにてげんきゅう
はくきょ
  • 〔出典〕 『白氏文集』巻十五(『四部叢刊 初編集部』所収、通称:四部叢刊本・那波本)、『白氏文集』巻十五(南宋紹興刊本、通称:紹興本)、『白氏文集』巻十五(明馬元調校刊本、通称:馬本)、『白香山詩集』巻十五(清汪立名編訂本、通称:汪本)、『全唐詩』巻四百三十八、他
  • 七言絶句。明・聲(平声庚韻)。
  • ウィキソース「舟中讀元九詩」参照。
  • 元和十(815)年、江州(江西省九江)の司馬に左遷されていく途中の作。白居易四十四歳。
  • 舟中 … 長安から左遷先の江州へと下っていく舟を指す。
  • 元九 … 中唐の詩人、元稹(779~831)を指す。あざな微之びし。九は排行。このとき、通州(四川省達県)の司馬に左遷されていた。ウィキペディア【元シン】参照。
  • 白居易 … 772~846。中唐の詩人。あざなは楽天、号は香山居士。貞元十六(800)年、進士に及第。翰林学士、左拾遺などを歴任後、江州(江西省九江)司馬に左遷された。のち中央に復帰し、最後は刑部尚書の肩書で退官した。詩風は平易を第一とした。詩文集『はくもんじゅう』は平安時代に我が国へ伝えられ、日本文学に多大な影響を与えた。ウィキペディア【白居易】参照。
把君詩卷燈前讀
きみかんりて灯前とうぜん
  • 詩巻 … 詩集。
  • 把 … 手に取る。
詩盡燈殘天未明
き ともしびのこりて てんいまけず
  • 詩尽 … 詩を読み終える。元稹の詩集を読了する。
  • 灯残 … ともしびがわずかに消え残っている。灯があとわずかで消えようとしている。
  • 天 … 空。
眼痛滅燈猶闇坐
いたみ ともしびして あんすれば
  • 眼痛灯滅 … 眼が痛くなったので、灯りを消す。
  • 猶 … それでもなお。そのまま。
  • 闇坐 … 暗がりの中に坐っていると。
  • 闇 … 『全唐詩』には「一作暗」とある。『汪本』では「暗」に作る。
逆風吹浪打船聲
ぎゃくふう なみいて ふねこえ
  • 逆風 … 向かい風。
  • 吹浪 … 波を吹き上げる。
  • 打船声 … 船べりを打ちつける音。船に叩きつける音。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行