>   漢詩   >   歴代詩選:中唐   >   村夜(白居易)

村夜(白居易)

村夜
そん
はくきょ
  • 〔出典〕 『白氏文集』巻十四(『四部叢刊 初編集部』所収、通称:四部叢刊本・那波本)、『白氏文集』巻十四(南宋紹興刊本、通称:紹興本)、『白氏文集』巻十四(明馬元調校刊本、通称:馬本)、『白香山詩集』巻十四(清汪立名編訂本、通称:汪本)、『全唐詩』巻四百三十七、他
  • 七言絶句。切・絶・雪(入声屑韻)。
  • ウィキソース「村夜」参照。
  • 村夜 … 郷里の村の夜景をうたった詩。「暮立」同様、白居易四十歳、母を亡くし、郷里のけい(陝西省なん)に帰って喪に服していたときの作。
  • 白居易 … 772~846。中唐の詩人。あざなは楽天、号は香山居士。貞元十六(800)年、進士に及第。翰林学士、左拾遺などを歴任後、江州(江西省九江)司馬に左遷された。のち中央に復帰し、最後は刑部尚書の肩書で退官した。詩風は平易を第一とした。詩文集『はくもんじゅう』は平安時代に我が国へ伝えられ、日本文学に多大な影響を与えた。ウィキペディア【白居易】参照。
霜草蒼蒼蟲切切
霜草そうそう蒼蒼そうそうとして むし切切せつせつ
  • 霜草 … 霜にあったために枯れた草。
  • 草 … 『汪本』では「艸」に作る。同義。
  • 蒼蒼 … しおれて青白い色。
  • 切切 … 虫がしきりに鳴いている擬声語。
村南村北行人絶
村南そんなん村北そんぼく 行人こうじん
  • 村南村北 … 村の南も北も。
  • 行人 … 道を行く人。
  • 絶 … 途絶える。
獨出前門望野田
ひと前門ぜんもんでて でんのぞめば
  • 前門 … 『馬本』『汪本』では「門前」に作る。
  • 野田 … 野の中の田。
月明蕎麥花如雪
つきあきらかにして きょうばく はな ゆきごと
  • 月明 … 月明かりに照らされて。
  • 蕎麥 … そば。秋に白い花が咲く。
  • 花如雪 … そばの花が雪のように真っ白だ。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行