>   漢詩   >   歴代詩選:中唐   >   府西池(白居易)

府西池(白居易)

府西池
西せいいけ
はくきょ
  • 〔出典〕 『白氏文集』巻五十八(『四部叢刊 初編集部』所収、通称:四部叢刊本・那波本)、『白氏文集』巻二十八(南宋紹興刊本、通称:紹興本)、『白氏文集』巻二十八(明馬元調校刊本、通称:馬本)、『白香山詩集』後集巻十(清汪立名編訂本、通称:汪本)、『全唐詩』巻四百五十一、他
  • 七言絶句。開・來(平声灰韻)。
  • ウィキソース「府西池」参照。
  • 大和五(831)年、白居易六十歳の作。当時、作者は洛陽でなんいん(市長にあたる役)として役所に勤めていた。この詩は、立春の日に役所の西にある池のほとりの景色を詠んだもの。平安中期の詩歌集『和漢朗詠集』巻上、春・立春の部に引かれている。
  • 府西池 … 役所の西の池。「府」は役所。
  • 白居易 … 772~846。中唐の詩人。あざなは楽天、号は香山居士。貞元十六(800)年、進士に及第。翰林学士、左拾遺などを歴任後、江州(江西省九江)司馬に左遷された。のち中央に復帰し、最後は刑部尚書の肩書で退官した。詩風は平易を第一とした。詩文集『はくもんじゅう』は平安時代に我が国へ伝えられ、日本文学に多大な影響を与えた。ウィキペディア【白居易】参照。
柳無氣力枝先動
やなぎりょくくして えだうご
  • 無気力 … 力がない。なよなよしている。だらりと下がっている。
  • 枝先動 … 枝先がまず真っ先に揺れ動く。
  • 枝 … 『和漢朗詠集』では「えだ」に作る。
池有波紋冰盡開
いけもんりて こおりことごとひら
  • 有波紋 … 池の水面に波の輪状の模様が広がっている。
  • 紋 … 『和漢朗詠集』では「文」に作る。
  • 尽 … すっかり。みな。全部。
  • 開 … 氷が解ける。
今日不知誰計會
今日こんにち らずたれ計会けいかいせる
  • 今日 … 今日は立春だというが。
  • 不知誰計会 … 誰がこんなにうまく計り合わせたのだろうか。「計会」は、計り合わせること。次の句の春風と春水とが同時に訪れるようにしたことを指す。
春風春水一時來
しゅんぷう しゅんすい いちきた
  • 一時来 … 同時にやって来た。同時に訪れて来た。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行